シェリーに口づけ / ミッシェル・ポルナレフ Cover with makoさん、G Forceさん

ひょい。

作品紹介・説明

別音楽SNSサイトにおいてマコさんからコラボを依頼されG Forceさんと三人で作りました。
私自身は知らない曲だったのですがノリの良いリズムとポップなメロディー。そしてフランス語の歌詞がツボに入りましたね~。
マコさんのピアノはジャンプするかのようなノリの良さとピアノソロでの華麗なテクニックは聴きどころですよ~。
良い曲を紹介いただいたマコさんに感謝です。
またボーカルはG Forceさんで素晴らしい歌声を披露されています。ほんとこの曲にピッタリのボーカルがすごいです。

マコさん:ピアノ伴奏、ピアノソロ
G Forceさん:ボーカル、ハモ、口笛
ひょい。:オケ、ミックス

使用したプロダクト

ドラム音源ソフト
FXpansion BFD
音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
PCM音源ソフト
Steinberg HALion SONIC

mako

作品紹介・説明

皆さん こんにちは(^_−)−☆makoです。
他サイトで、私とひろりん♪ さんとのユニット
打ち上げまこりんの方テーマソングとして、ひょいさんオケ、Gさんボーカル、そして私がピアノ生演奏
としてひょいさんがMIXして下さった方この曲を・ひょいさんがリミックスされて更に音圧のあるサウンドに仕上げて下さいました(^_−)−☆
特に私のピアノは以前より輪郭がシャープになり
私のピアノそのもの…素顔のmakoの方ピアノにして下さいました(^_^;)Gさんの素晴らしいボーカルと共にお聴き下さいね(^_−)−☆

G Force

作品紹介・説明

マコさんからミッシェルポルナレフのこの曲を歌ってくれませんか?ってお誘いをいただき、ドーナツ版(死語・・・)も持っていたほど好きな曲でもあり、「ぜひやらせてくださ~い」と軽い気持ちでお答えしました。

「しかしフランス語だし・・・大丈夫か!?」と思いましたが、なんでも挑戦・・・しかもマコさんのピアノだけでなく、ひょいさんの素晴らしいオケまで用意していただけて感激です!
今回ひょいさんがRe-Mixしてくださり、よりシャープでクリアな音になりました♬

自分の担当したところでは、コーラスパートなど自分では気になる箇所もたくさんではありますが、フレンチポップの天才の名曲です。雰囲気を感じていただけたらうれしいです。
個人的に一番気に入っているところは、ひょいさんのオケのドラムがパパァーンと鳴ってから即はいるマコさんのピアノの間奏です!「待ってました!」って掛け声出したくなる感じです。ぜひそこ聴いてくださいね!

使用したプロダクト

マイク
RODE NT
モニター
YAMAHA NS
コンピュータ
Windows PC Windows PC
音楽制作アプリケーション
PreSonus Studio One

52件のコメントが寄せられています。

03:10 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 73
  • お気に入り: 28
  • ポップス
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "TOUT TOUT POUR MA CHERIE"
    MICHEL POLNAREFF
    (jasrac) 0T0-4756-3
2019/03/06 20:55