桜のコトバ

ゆめじ黄(こう)

作品紹介・説明

桜開花ですね。
人の数だけ桜ドラマがありますね。
生きてる分だけ、それ以上に想いがありますね。
花は花でも、「鼻」くしゃみが満開です。

今年の桜の曲 「桜のコトバ」
まぼろしさんからのご用命でゆめじより
公開させていただきます。
お時間がありましたら、お聴きくださいませ。

よろしくお願い致します。


プロダクト説明

ぺん

まぼろし

まだ作品情報が入力されていません

19件のコメントが寄せられています。

歌詞

そろそろ、あなたに会えますね

忘れはしない、あのときのこと
あなたの最期、ただ悲しくって
見おくるボクは何度も何度も

「ありがとう」しか云えなくって

薄墨色がオトナになってゆく
消え入りそうな今のボクだって
負けないくらい色をかえてみせる
涙を止めて桜を咲かせたい

そんなことを懐かしく思って
もうすぐ近ずく桜を待っています



満開に咲くころ、花枝をさがす
それはあなたを見つけ出すため
開く花びら、おどる花びら
風遊ぶ花びら、目を凝らしてね

だけどボクはね、気が付いたんだ
どれもあなただ、すべてあなたなんだ
空から降りて、気付いたらここに

桜のコトバ、そのものだってことが

そんなことを懐かしく思って
もうすぐ近ずく桜を待っています



2019/2/13

19件のコメントが寄せられています。

04:32 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 31
  • お気に入り: 16
  • フォーク
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2019/03/25 19:50