シビトバナ(死人花)

バンカース浜中

作品紹介・説明

作品番号#303

季節は春になったというのに、秋の彼岸の花を題材にしました。

死人花とは彼岸花の別称です。
知人によると高知のある山間部の村では【シーレイ(死霊)】と呼んでいるそうです。

花なのに葉っぱがないのがエキゾチックな感じで好き。

僕の300を超える作品の中で桜をテーマにした曲はあまりなく、彼岸花(曼珠沙華)をテーマにした曲のほうが多いです。
やっぱりベースは根暗なのかな?

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer Lite
マイク
SHURE SM
コンピュータ
Windows PC Windows PC
アコースティック・ギター
Gibson Gibson

13件のコメントが寄せられています。

歌詞

死人花




1 雨がしとしと 神社の階段

一段一段 祈りを捧げながら

傘もささずに 濡れた手を合わせた

あれから もうすぐ3度目の秋が来る

※ 葉のない花は 曼殊沙華

鬼の手のように 空を掴み

死人の未練 語る花 あなたの愛した花でした




2 夜がしんしん 街を黒く染めて

どこかで童たちの 笑い声が聞こえる

北の空には 半欠けの月が 

河原の鈴虫 ぼんやり照らしている

★ 岸辺に咲くは ヒガンバナ

血の色のような 赤い花

亡き人の愛 たどるように あなたを偲んで咲いている


※ 葉のない花は 曼殊沙華

鬼の手のように 空を掴み

死人の未練 語る花 あなたの愛した花でした

あなたの愛した花でした

13件のコメントが寄せられています。

04:04 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 21
  • お気に入り: 14
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2019/03/29 20:59