桜ひとひら / soramitacotoca

空見子(クミコ)

作品紹介・説明

soramitacotocaとしては七か月ぶりの新曲公開です。

どの人も心の中に「よりどころ」となる想い出とか、
場所とか、また処世術のようなものをお持ちだと思います。
手には掴めないものですが、これらのことも含めて、
今まで生きてきた中で得た、その人なりの財産の一つのように私は思います。
これからも大切にして頂きたいです。

実は山田孝之さんが出ている某缶コーヒーのCMシリーズが大好きで、
「世界は誰かの仕事でできている」というキャッチコピーには毎回癒されてます。
そういう歌を作りたいなぁと思いつつ、二月に書いた歌詞に曲をつけて頂きました。
聞いて頂いた方を癒すことができたらいいなぁ(^.^)

YouTubeもあります。こちらをクリック願います→「桜ひとひら
今回から時世に倣ってMP4という拡張子で作成しました。
もし再生できない方がおられましたら、お知らせくださると嬉しいです。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

うらぱん

作品紹介・説明

リア充というより忙し過ぎて、このサイトにもなかなか訪問できないこの半年です。
この曲も出遅れの桜唄になってしまいました。
桜に合わせてデモ音源で公開しようとしていたのですが、それがかなり酷い出来で、それより悪くなることは無いだろうってことで4月14日(日曜日)当日録音の録って出しです。

プロダクト説明

アコギ:Epiphone EJ-45
ベース:Squier ジャズベース(Kuassa Efektor Silencer + TSE BOD)
音源:EM-U Proteus VX (ドラム、ピアノ、エレピ、オルガン)

使用したプロダクト

コンパクトエフェクター
LINE6 Pod
マイク
SHURE SM
モニター
SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
エレクトリック・ギター
Fender ストラトキャスター
ミキサー
BEHRINGER XENYX
音楽制作アプリケーション
PreSonus Studio One

15件のコメントが寄せられています。

歌詞


雑居ビルが競いあう
棒グラフのような街
溢れかえった看板文字
派手なイルミネーション

ほっと一息ついたらと
気まぐれか気休めか
桜の花が咲きだした
今年も桜が咲いたよ

故郷離れて幾年たったか
友は今でも変わらず元気か

答えなんて要らないよ
答えなんて無くていい
この街で生きていく
拠りどころがあるなら いいじゃないか


路地に隠れて野良猫が
何を想うか しきりに
通りを覗いてニャンと鳴く
か細い声でニャンと鳴く

この街が故郷か
この街が旅の終わりか
先の見えない街だけど
逞しく生きておくれ

右肩あがりの人生と言えるか
悔いない生き方してると言えるか

意地を張るのも嘘がなけりゃ
意地を張るのも粋じゃないか
この街で生きていく
拠りどころになるなら いいじゃないか

足元ふわりと舞い降りる
桜ひとひら いいじゃないか

15件のコメントが寄せられています。

03:30 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 47
  • お気に入り: 12
  • フォーク
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2019/04/14 19:18