オペラ『サムソンとデリラ』より《バッカナール》

KT

作品紹介・説明

『サムソンとデリラ』
(Samson et Dalila)は、
カミーユ・サン=サーンスが
作曲した3幕からなるオペラ。
旧約聖書「士師記」第13章から
第16章のサムソンの物語に基づく。
『サムソンとダリラ』とも表記される。

サン=サーンスが
『サムソンとデリラ』の
作曲に着手したのは1868年であるが、
当初はオラトリオとして構想していたという。
フランス語のリブレットはサン=サーンスの
従兄弟フェルディナン・ルメール
(Ferdinand Lemaire)による。
1870年にまず第2幕が完成し、
ただちに非公開の試演を行ったが、
かんばしい評価が得られなかった。
作曲開始から6年後の1874年に完成し、
再度第2幕の試演が行われた。
この時に好意的な評もあったが、
興行側は聖書の物語を題材にした
オペラに抵抗を示し、
オペラ座での上演は拒否された。
翌1875年に第1幕のみが演奏会形式で、
エドゥアール・コロンヌ指揮の
コンセール・コロンヌにより
初演されたがやはり酷評を受けた。

オペラの全曲初演は1877年12月2日、
ヴァイマルの宮廷歌劇場において
ドイツ語で行われた。
指揮は歌劇場の音楽監督
エドゥアルト・ラッセン(英語版)であるが、
この上演はラッセンの前任者である
フランツ・リストの強い希望によって実現した。
リストはこのオペラが完成する以前から
興味を持っていたのである。
フランス初演は1890年3月3日にルーアンで行われ、
同年10月31日にパリ初演も
エデン劇場にて行われたが、
オペラ座で初めての上演が行われ、
成功を収めたのは1892年11月23日の
ことであった(指揮はコロンヌ)。
この上演の後30年間に500回上演され、
人気作となった。
なお、作曲自体はフランス語の
テキストを元に行われ、
ここからドイツ語訳して初演されたため、
今日ではフランス語版が
オリジナルと見なされている。

サン=サーンスのオペラのなかでも
特に受けいれられるまでの障壁が大きかったが、
もっとも長期にわたる成功をおさめ、
13曲のオペラのうち今日でも頻繁に
上演される唯一の作品となっている。
個別の場面では、東洋的な色彩をもつ
第3幕第2場のバレエ音楽「バッカナール」、
第2幕第3場の二重唱
「あなたの声に私の心も開く」などが
とりわけ有名である。

当時のグランド・オペラの
様式に沿って書かれているが、
そこから逸脱した部分もある。
3幕制であるほか、
例えばト書きが当時の
オペラとして非常に少ないのは、
この作品がオラトリオとして
構想されたことを反映している。
また、番号制に従っていないことや、
ライトモティーフ的に旋律を
扱っていることにはリヒャルト・ワーグナーの
影響が指摘されるが、
アンドレ・メサジェや伝記作者の
ミヒャエル・シュテーゲマン
(Michael Stegemann) は、
短い動機でなく一定の長さの
旋律を変奏させている点で
ワーグナーとは異なるとしており、
またオーケストレーションの
透明さも非ワーグナー的である。

同時期に作曲された
ジョルジュ・ビゼーの『カルメン』と並び、
メゾソプラノを主役にした
数少ないオペラの一つである
(ロッシーニなどにも
 メゾソプラノを主役に
 したものはあるが、
 当時はソプラノとの
 明確な区別がなかった)。
Wikipediaより

曲は
第3幕 第2場
ダゴンの寺院。
 大祭司やデリラが現れ、
 ペリシテ人たちは勝利を祝う
 (バッカナール Bacchanale)。

プロダクト説明

DTM作成
・【Sibelius Ultimate】
・【NOTE PERFORMER】
※SONAR X3

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

4件のコメントが寄せられています。

07:31 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 26
  • お気に入り: 9
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "Samson et Dalila"
  • 作曲:サン=サーンス
2019/04/18 20:47