satellite

adeamu

作品紹介・説明

作詞 ふぎさん   作曲  adeamu
メインVO KEN サブVO KAORI (VOCALOID5)

ふぎさんの 『君を巡って、決して近づけない。
そんなサテライト。』 この タイトルコールからロックPOPをイメージしましたよ!
ロックテイスト てんこ盛りのアレンジです。 盛りすぎて後半はお決まりの ゴチャゴチャ感満載となりました。

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

A】
使い古した望遠鏡で 見つけた景色は
あの頃と違ってるかい?

【A】
息を殺して 夜が明けるまで
追いかけてみても
鮮明には見えないままさ

【S】
憧れだけやけに強くって
僕より少し 冷たいその肌に
触れたくて 触れられないこと わかっている

星のようにやけに眩しくて
目の前にある はかなげな(いろどりが)
臆病を 綺麗に着飾らす 夜の淵(ふち)


【A】
風や光や 街の移ろい 君以外のこと
なんとなく想像できる

【A】
星を散らした空の地図にも
希望がどこかに 
隠されているはずなんだ

【S】
君を巡る 揺れるサテライト
近付いたなら 燃えてしまうだろう
愛が消える きっとそんなふうな一瞬さ

別れのときくらい来るだろう
出逢うための 軌跡を(繰り返し)
目が合った 今という時間を始まりに
遠ざかるばかりだよ


【S】
憧れだけやけに強くって
僕より少し冷たいその肌に
触れたくて触れられないこと わかっている

【S】
別れのときくらい来るだろう
出逢うための 軌跡を繰り返し
目が合って 急に近づいた今でさえも
触れられなかったよ

触れられなかった
触れたかった

2件のコメントが寄せられています。

04:26 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 13
  • お気に入り: 1
  • ロック
  • オリジナル作品
2019/04/22 10:07