靴/アコギ一発オリジナル

じょじょ

作品紹介・説明

ども、じょじょです。
平成最後の一曲!あまり変わり映えのしない、いつも通りの歌です。
まあ、春になったのに、なんかパッとしないけど、とりあえず、外に出て歩き出してみようかという曲です。

10連休もあるので、どこへ行っても人だらけですよね。こういう時は家でギター弾くに限る。(笑)


もう誰でもいいので聞いてください。(笑)
よろしくお願いします。
(^j^)V

プロダクト説明

ピック
ハンドベルト(袖まくり用)
足置き台
譜面等いつものやつ

ボイスケアのど飴
お茶
春の狂気をひとつかみ
(^j^)v

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer Lite
コンピュータ
Windows PC Windows PC
アコースティック・ギター
Martin Martin
マイク
SHURE PG

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

情熱が動き出す朝 消えかけた横断歩道 歩きながら
春というのに まだ肌寒い空に 文句を言う燕
君の影は白く 目の前にカスミ 味のなくなったガムの 捨て場所に困る
僕はどこへいくのか 知らないまま続く道の 傍らに転がる石
名もない雑草の 露にかかる虹の橋 涙色の風が吹く

情熱に起こされた朝 切れかけた街頭ヴィジョン 見上げながら
春というのに まだうす暗い空に 脱力するひばり
僕の愛は赤く 無駄に燃え上がり 用のなくなったメモの 捨て場所に困る
キミはどこにいるのか 知らないまま続く道の 傍らに転がる石
名もない雑草の 影に潜む虹の虫 涙色の風が吹く

探してみたけどみつからない 夢の爪痕抱きしめて
僕の靴ならここにある 歩み始める道もある

情熱に騙された朝 腰かけたアジアンソファ もたれながら
春というのに まだ濃い青の空に 抗議をするほじろ
愛の道は長く 時に色あせて 意味のなくなった地図の 捨て場所に困る
愛はどこにあるのか 知らないまま続く道の 傍らに転がる石
名もない雑草の 上に映る虹の星 涙色の風が吹く

2件のコメントが寄せられています。

04:50 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 17
  • お気に入り: 1
  • フォーク
  • オリジナル作品
2019/04/29 18:25