春のジャズ祭り2019「イン・ザ・ムード」/ Navigator mako

ひろりん♪

作品紹介・説明

皆さん、こんにちは。ひろりん♪です。
今年もやって来ました春のジャズ祭り!
今回は元号が平成から令和に代わっての第1作目となります。
そんな中選んだのがグレンミラーの定番「イン・ザ・ムード」
これは以前もやりましたが、今回は改訂版となります。
特にドラムのブラシをアグレッシブルなものとしました。
他Soloの見直し・・・それと場の雰囲気をより盛り上げる為に
歓声として、サプライズでお二人の声を一言添えました!さぁ~誰でしょうか?

私はビックバンドに長く在籍してましてドラム担当でした。
その時の人気曲が今回の「イン・ザ・ムード」
このメロディーはどなたも一度は耳にされてると思います。

演奏場所は、ビックバンドも配置出来る大きなダンスホール。酒を酌み交わしながら和やかな雰囲気の中プログラムは進み、ついに最後の曲となった所から始まります。
今回もmakoちゃんにナビゲーターとしてほんのちょっとお手伝いして頂き、場の演出を盛り上げて下さいました。今回はあの人気者のオナベ誠さんも登場!
そしてフェスティバル終了後は誠さんのお店に移動するという設定です。
そうした一連の流れをドキュメンタリータッチにて再現してみました。
例によってmakoちゃんが一人二役(makoとオナベ誠)をリアルタイムに語っています!makoちゃん、いつもありがとうございます(^▽^)/

「イン・ザ・ムード」(In the Mood)は、ジョー・ガーランドが作曲したジャズの楽曲で、1939年にグレン・ミラー楽団の演奏によりヒットしたことでも知られ、グレン・ミラー楽団の代表曲ともなっています。
それでは、華やかなビックバンドジャズをお聴き下さいませ!


■制作ノート

打ち込みは吹奏楽譜を基本としてますが、ビックバンドでの実演を参考にして楽曲制作いたしました。演奏シチュエーションはダンスホールでの演奏を想定してあります。トランペットSoloは協力リバーブを浅くしてスタンドプレーを意識しました。
残念なのはSAX Soloがどうも機械的です(;^_^Aただ全体を通して生演奏らしさを極力出せるように調整したつもりです(;^_^A音響は勿論ですが、Einsatzのバラケやベロシティの不揃い(笑)なども考慮しました。音源はHALION SONIC2とSC88Proを基本とし、GARRITAN CONCERT & MARCHING BAND 2 を補助的にレイヤーで重ねています。


☆☆☆ SpecialThanks ☆☆☆

ナビゲーター / mako(オナベ誠)との二役



■協力サイト

・「無料効果音素材」様 効果音

 http://taira-komori.jpn.org/freesound.html

プロダクト説明

レコンポーザー3.0 DOS版
PC9821 V200  M/IF: S-MPU
PC:Windows10 64bit 16GB
DAW:CUBASE 8.5
O/I:steinberg CI1
HALION SONI2
SC88Pro
GARRITAN CONCERT & MARCHING BAND 2
QUANTUM LEAP SPACES
LANDR ハイレゾMP3 192kbps

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
波形編集ソフト
INTERNET Sound it
コンピュータ
Windows PC Windows PC
PCM音源ソフト
EASTWEST QUANTUM LEAP, GARRITAN GARRITAN, Steinberg HALion SONIC

36件のコメントが寄せられています。

07:08 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 67
  • お気に入り: 23
  • ジャズ
  • カバー作品
  • "IN THE MOOD"
    GLENN MILLER
    (jasrac) 0I0-4480-9
2019/05/03 08:42