組曲『道化師』より第6曲《間奏曲》第7曲《叙情的小シーン》第8曲《ガボット》カバレフスキー

KT

作品紹介・説明

組曲『道化師』
(露: Комедианты)作品26は、
ドミトリー・カバレフスキーが
1939年に作曲した全10曲から成る管弦楽曲。
演奏時間は約16分。
カバレフスキーの作品中、最も有名なもので、
特に第2曲の「ギャロップ(道化師のギャロップ)」は
単独で演奏されることが多い。

1938年、カバレフスキーは
ダニエリ・M
(Даниэль М.、本名
 マルク・ナウモヴィチ・ミェエロヴィチ、
 1900年 - 1940年)の
児童劇『発明家と道化役者』
(Изобретатель и комедиант)のために
16曲からなる付随音楽を作曲した。
この劇は同年、モスクワの中央児童劇場で初演されたが、
翌年、この中から10曲を選んで組曲としたのが本作である。


第6曲「間奏曲」第7曲「叙情的小シーン」第8曲「ガヴォット」
第9曲「スケルツォ」第10曲「エピローグ」

第1曲「プロローグ」
第2曲「ギャロップ(道化師のギャロップ)」
第3曲「行進曲」第4曲「ワルツ」
第5曲「パントマイム」

Wikipediaより

プロダクト説明

【NOTE PERFORMER】3.1

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

2件のコメントが寄せられています。

04:07 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 7
  • お気に入り: 6
  • クラシック
  • カバー作品
  • "The Comedians, Op. 26"
    のまにまに DTM Orchestra
    (jasrac) 0C0-3367-8
2019/05/22 18:37