水曜日の午後/makoさんとデュエット

G Force

作品紹介・説明

【曲説明】======

オフコースのデビューアルバムに収録されていた「水曜日の午後」です。
以前から、makoさんにピアノを弾いていただくだけでなく、一緒にデュエットしてみたいなと、思っていました。今までは、選曲の女神であるmakoさんに選曲をお任せしていたのですが、今回は僕から「オフコースの水曜日の午後はいかがですか?」とお願いしてみました。

オフコースのデビューアルバムと2枚目までは、小田さんと鈴木さんの2人だけ時代で、「ワインの匂い」や「眠れない夜」、さらには「さよなら」などの大ヒット曲の数々は、オフコースが5人になってからの作品ばかりで、この曲のころはあまり売れてなくて、よくコマーシャルソングのコーラスなどしていた時代です。

僕もまだアコギのコーラスバンドをやっていた時だったから・・・というのもありますが、2人時代のオフコースの歌は、ほとんどをコピーして、ライブで歌っていました。おかげで、音楽の趣味を再開して今回初めて、歌詞を用意せずに歌いきりました・・・物覚えの悪い僕でも歌詞をすべて覚えている曲・・・実はほとんどありません(^^;)

そんな思い出のある曲を、makoさんがこれまたすばらしいアレンジのピアノを弾いてくださり、しかも今回は一緒に歌もお付き合いいただきました!このピアノアレンジ、いつもながらとはいえ、とても凝っています。イントロ前の導入部は完全にmakoさんのアドリブアレンジだと思います。静かな導入部から、一時、間をおいて、そこからアップテンポなピアノのコードがはじまり、歌の途中、間奏部分、そしてエンディングもすべてmakoさんアレンジというゴージャス版です!
実は僕も必要にせまられて、オフコースの「水曜日の午後」と「よみがえるひととき」の2曲だけはピアノの弾き語りやったことがあります・・・右手コードに左手がベースラインという、超初心者な最小限の弾きかたですが、そのためにピアノのアレンジもかなり聴きこんでいたので、今回のアレンジがどれだけオリジナルか、すごくよくわかりました。

そして歌も、オフコースの原曲キーなので、少しmakoさんには低めで歌いにくかったんじゃないかと思いましたが、そんなことをみじんも感じさせず、ハーモニーもばっちりで、一緒に歌っていてとても心地よかったです♬

とまぁ、僕が一人で舞い上がっている今回の「水曜日の午後」、makoさんのピアノと歌、そして僕たち2人のハーモニーに耳を傾けていただけたら、とてもうれしいです♬♬

【ジャケ絵】======

製図ペンで描いたんですが、内田善美さんのイラストを模写したものです。あまり知られていないかもしれないけど、内田さんの画風が大好きで、画集を昔もっていて、そんな雰囲気の絵がかけるように模写していた1枚です。(内田さんはその昔は、一条ゆかりさんのアシスタントをされていて、のちに一部の超マニアから天才と称されていた方です)



使用したプロダクト

マイク
RODE NT
モニター
MACKIE HR, SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
音楽制作アプリケーション
PreSonus Studio One

♡mako

作品紹介・説明

皆さん こんばんは〜(^_−)−☆makoです。
これまでのGさんとのコラボでは、私はピアノのみを
担当させて頂いていましたが、今回は光栄にもGさんの方から
ピアノを中心としてデュエットを!
と言うお誘いでしたので、一緒に自分のピアノに乗せて
Gさんに優しくエスコートしてもらい歌わせて頂きました(^_−)−☆

オフコースがまだ、小田さんと鈴木さん…
二人だけだった頃の曲だと知っていましたが、今回は
イントロや間奏、エンディングは全て私のアレンジで
弾かせて頂きました(^_^)

私が欲しいなぁと思う場面に必ず入れて下さる
魅惑のハーモニーには本当にウットリです(*´▽`*p♡q
また、間奏やエンディングは私のアレンジにも関わらず
Gさんが素敵なハーモニーをそこにも入れて下さり感激です。

二人のユニゾンも私にはとても嬉しい瞬間でした(●´ー`●)
またこんな風にコラボさせて頂きたいなぁと思っています(^_−)−☆

73件のコメントが寄せられています。

03:36 / 192.023kbps

共有する

  • 再生回数: 79
  • お気に入り: 24
  • Jポップ
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "水曜日の午後"
    オフコース
    (jasrac) 043-2136-7
2019/05/23 20:46