V・ネリベル 『フェスティーボ』(Festivo)

KT

作品紹介・説明

『フェスティーボ』 V・ネリベル
(1967年作曲)

ヴァーツラフ・ネリベル
(Václav Nelhýbel, 1919年9月24日 – 1996年3月22日)は、
チェコスロバキア出身の、アメリカ合衆国の作曲家。
学生のための楽曲を多く作曲したことで知られる。

ネリベルは、
ポーランカ(チェコ語版)生まれ。
プラハ大学、プラハ音楽学校で音楽を学ぶ。
1942年、スイスに移住、
フライブルク大学で学び、1947年には教鞭をとる。
1957年、アメリカ合衆国に移住し、
マサチューセッツ大学ローウェル校、
スクラントン大学(英語版)など、
いくつかの学校で教鞭をとった。
曲の多くは、管楽器あるいは吹奏楽向けで、
学生演奏者のためにかかれている。
非機能的なモードや、完全全音階、
及び機械的リズムを多用した。
管楽器・吹奏楽の作品のほかに、
3つのバレエ、3つのオペラおよび交響曲を書いている。
Wikipediaより

自分が吹奏楽を始めた頃に
よく演奏されていた曲。
今から52年前(1967年)に作られた楽曲。
お手本は、1969年全日本吹奏楽コンクールで
準優勝を収めたヤマハ浜松の演奏。
「全日本吹奏楽コンクール名演集 1964-1969」収録
(とてもアップテンポである。
 今では殆ど演奏されなくなってしまった?曲。
あの『ヤマハ吹奏楽団浜松』がコンクールに演奏したなんて!
ちょっと、古い吹奏楽経験者しか分からないような事を
書いていますが・・・^^;)
ともあれ、懐かしい曲です。

曲の解説が見つからないので、
ハッキリしたことは分かりませんが、
『早い・遅い・早い』という
吹奏楽の典型的なスタイルの曲です。
木管、金管が交互にメロディーの受け渡しをし、
打楽器が軽快にリズムを刻みます。
V・ネリベル氏特有なハーモニーが出てきますが、
木管群の低音楽器や、金管の低音部の力がしっかり
出せるバンドでないと中々このハーモニーは
出ないと思います。

今でもレパートリーに加えて欲しい1曲です。

プロダクト説明

【NOTE PERFORMER】3.1

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

6件のコメントが寄せられています。

06:00 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 26
  • お気に入り: 6
  • クラシック
  • カバー作品
  • "FESTIVO"
    ASCAP
    (jasrac) 0F0-5556-7
2019/05/26 11:48