Sister Christian / Night Ranger

ひょい。

作品紹介・説明

ナイトレンジャーのシスタークリスチャンです。
私この曲大好きでDTM始めた20年ぐらい前からいつかやりたい!と思ってました。
しかし当時は機材も揃ってなくてやれる日が本当に来るのかも分かりませんでしたね。

それから時が流れて数年前MusicTrackに入会後、偶然taka_sixstarさんの同バンドの曲「Sing Me Away」を聴きMTにもナイトレンジャーやる人がいるんだと感激しました。
その後takaさんとコメント等もやり取りするようになりフレンドにもなっていただきコラボも数曲やりました。
その際も「いつかシスタークリスチャンやりたいね~」などと話していたんですが、ついに昨年の秋にtakaさんから「やりましょう」とGoサインが出ました。
Voは最初私が歌うつもりでしたがちょっと歌ってみてキーが高くて全く歌えないことが分かり、少し前にKohjiさんと3人でオジーオズボーンをコラボした経緯からKohjiさんに歌をお願いしました。

そしてついに20数年ぶりの夢が叶い本日公開となりました。
ホント感無量であり私の一つの音楽人生の節目を迎えたと言っても過言ではありません。

パートは以下の通りです。

Kohjiさん:ボーカル、コーラス
taka_sixstarさん:ギター(バッキング、ソロ)
ひょい。:ピアノ、オルガン、ストリングス、ドラム、ベース(ベースは打ち込み)


Kohjiさんの幅広い声域と甘い歌声、シャウトもしびれるような迫力があり素晴らしいです。
コーラスも3和声の厚みが素晴らしい!
これ原曲より酔いしれる歌じゃないですか!

takaさんのギターはギタリスト「ブラッド・ギルス」を彷彿させるようなアーミングを駆使した素晴らしい技術で舌を巻きました。
このブラッド特有の音程感とシフト(アーミングやチョーキングで音程が揺れている)が本当に本人が弾いてるんじゃないかと言う錯覚を覚えるほど完璧でした。

Kohjiさん、takaさんありがとうございました~。


私の方のこだわり点はまずベースがピックベースを選択し220Hzを持ち上げ迫力を付けました。(1khz以上は全てカットしています)
ピアノは色んな音色を試しましたがSample Tank3のアップライトジャズピアノを選択。
最もこだわったのがドラムで、確かケリーキージー(ナイトレンジャーのドラマー)は私の記憶ではタム、バスドラがDW、シンバルがPaisteのRUDEシリーズだったと思うのでDrum音源のFXPansionからDWとPaisteを選択して実際に電子ドラムを叩きました。(PaisteのRUDEシリーズは収録されていないので2002シリーズを使いました。スネアは不明だったのでラディッグのスネアを使用)
ドラムは昔コピーしたことがあったので簡単に思い出しました。

プロダクト説明

YAMAHA MOX6

使用したプロダクト

PCM音源ソフト
IK MULTIMEDIA SampleTank, Steinberg HALion SONIC
ドラム音源ソフト
FXpansion BFD
音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
エレクトリック・ドラム
YAMAHA DTX
ミキサー
YAMAHA MG
エレクトリック・ピアノ
CASIO Privia

Kohji

作品紹介・説明

ナイト・レンジャーは、キーボードのアランさんが元モントローズ=サミー・ヘイガー繋がり、ということで、贔屓にしていたバンドです。^^ゞ
あ、ジャケ画のセンターに油澄ました顔して写ってる人ですw^^;おい!
この曲も彼ららしい、キャッチーで美しいパワーバラードですね!大好きw(*^^*)
ひょいさんの長年の夢に、僅かながらでも協力させていただけて、こちらも嬉しいです。ありがとうございました。^^ゞ

さすがの拘りのサウンドだと思います!!!(`・ω・´) 

皆様、是非お聴きください!!!(*^^*)

プロダクト説明

RODE M3

使用したプロダクト

レコーダー
BOSS BR
コンピュータ
Windows PC Windows PC

taka_sixstar

作品紹介・説明

皆さま、大変ご無沙汰しております(^^;
昨秋より、お友達の皆様方の楽曲にも、ほとんど反応出来てなくて、
大変申し訳ないと思いながら過ごしておりましたが、
そんな中、ひょい。さんにお誘いいただき、今回はGuitarだけ弾かせていただきましたぁ。

そもそもナイト・レンジャーは私が本格的にエレキを始めるきっかけになったバンドで、
生まれて初めて買ったエレキギターは、ブラッド・ギルスモデルでして(^^)
なので、この曲も昔々に死ぬほど練習した記憶があってですね、リフとかソロとかは、
比較的、手に染みついてました。

何に苦労したかと言うと、フィードバックです(;^ω^)
ブラッド・ギルスと言えばフィードバック音+トレモロの合わせ技が肝なんですが、
宅録でそんなフィードバックが発生するような大音量では弾けず‥
私はスピーカキャビネット前に胡坐をかいて、スピーカーにかぶりつくようにして、
ギターを弾くという‥ 他人が見たら、どう見ても変な奴と化して頑張りました。

出来上がりのKouhjiさんのしっとりした出だしから、最後のシャウト!恰好いい~!
ひょい。さんのオケも実は殆どひょい。さんの実演だったんですね~!素晴らしい!
大好きなナイトレンジャーを演れて、本当に楽しかったです。
ありがとうございました♪

プロダクト説明

Suhr Standard

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
アンプ
Mesa/Boogie Mesa/Boogie Amp
コンパクトエフェクター
Dunlop MXR

77件のコメントが寄せられています。

04:58 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 85
  • お気に入り: 40
  • ロック
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "SISTER CHRISTIAN"
    NIGHT RANGER
    (jasrac) 0S4-4228-1
2019/06/25 22:47