序曲『祝典』 フランク・エリクソン

KT

作品紹介・説明

序曲祝典/Overture Jubiloso
作曲
Frank Erickson/フランク・エリクソン
 1978年出版
グレード 4
演奏時間 約7分
作品コード 0O1-6275-4 OVERTURE JUBILOSO

アメリカのミズーリ州ローラにある、
ミズーリ大学バンド創立50周年記念委嘱作品。
この曲は、躍動するリズムに乗って
伸びやかに奏でられるメロディや、
爽やかに駆け抜ける細かい連符が
特徴的な快速部から始まります。
中間部では、
色鮮やかなハーモニーの移り変わりを背景に、
息の長いフレーズがゆったりと歌われ、
少しずつ展開していきます。
再び快速部に戻った後、
華やかな終結部へと展開し、
堂々ときらびやかに幕を閉じます。
日本でも古くから親しまれている名曲です。


フランク・ウィリアム・エリクソン
(Frank William Erickson,
1923年9月1日 - 1996年10月21日)は、
アメリカ合衆国の作曲家、編曲家、音楽教育家。
吹奏楽のための作品を多く手がけている。
また楽譜出版社のオーナーも務めた。

姓をエリックソンと表記する場合もあるが、
「エリクソン」の方が現地語の発音に近い。

ワシントン州スポケーンに生まれる。
8歳からピアノ、10歳からトランペットを始める。
高校を卒業後、陸軍の軍楽隊に所属し編曲を学ぶ。
1950年、南カリフォルニア大学にて音楽学士、
翌年に音楽修士を取得。
1958年から1961年まで
カリフォルニア大学ロサンゼルス校と
サンノゼ州立大学にて教授を務める。
その傍ら、ボーン出版社の西海岸責任者となる。
1970年、シュミット出版社を創設する。
1996年に逝去。
作品総数は400以上。

Wikipediaより

定期演奏会で高校生の時に
演奏したことがあった。
懐かしい吹奏楽オリジナル曲である。

プロダクト説明

【NOTE PERFORMER】3.1

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

8件のコメントが寄せられています。

06:50 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 19
  • お気に入り: 10
  • クラシック
  • カバー作品
  • "OVERTURE JUBILOSO"
    大阪市音楽団
    (jasrac) 0O1-6275-4
2019/06/30 12:19