四方山話(ミルキーの唄)テーマ:虫の知らせ

川上シュンロー

作品紹介・説明

動物などは死期が迫ると不思議な行動に出るものも居ると聞きますが、
我々人間も同じように死期を予感させる行動をとる事があるそうです。
偶然なのか何なのか?でも統計があるとすれば必然なのかも。

考えてみれば本能などもどうやって継がれていくのか解りませんから、
まだまだ生き物の事は解ってない事だらけなのかも知れません。
全部解っちゃっても、また面白くないですもんね(笑)。

って事で、今回のテーマは「虫の知らせ」。

虫の知らせも来なければ、仕事の依頼の電話も来ないシュンローさんと、
虫の知らせは来ないけど、家の中には虫が出て来ると言う杏ちゃんとで、
今週も脱線しながら、チンチロリ~ンとお送りいたします。

今週の唄はオリジナルから『ミルキーの唄』です。
作詞/作曲・川上シュンロー

使用したプロダクト

アコースティック・ギター
YAMAHA YAMAHA

4件のコメントが寄せられています。

歌詞

■ミルキーの唄
作詞・作曲/川上シュンロー

君の好きだったミルキーを
ボクは今日買いました
舌でころがし嘗めてます
甘くて すご~く美味しいな

母さんの味って言うけれど
母さん食べたコト無いんで
母さんの味って甘いんだな~と
ボクは今 思ってます

君の買って来たミルキーに
オマケが付いていたけれど
ボクは袋入りを買ったから
オマケが入って無かったの…

ああ悲しいな~
ああ悲しいな~

ミルキーはママの味~

4件のコメントが寄せられています。

24:10 / 56kbps

共有する

  • 再生回数: 11
  • お気に入り: 3
  • その他
  • オリジナル作品
2019/07/12 21:09