悲しき夏バテ / 布谷文男

へっぽこ O

作品紹介・説明

暑中お見舞い申し上げます。「悲しき夏バテ」は1973年に発売された布谷文男のファーストソロアルバムのタイトル曲で、アルバム全体は大瀧師匠がプロデュースしています。

この曲を最初に聴いた時の印象は「なんだかローリングストーンズのTIME IS ON MY SIDEみたいな曲展開だなあ」と思ったのですが、それもそのはず、調べてみるとこの「悲しき夏バテ」はアメリカのシンガーソングライターGarnet Mimmsの「「One Woman Man」という曲のカバーで、このガーメット・ミムズという人はJerry Ragovoyという人と共に「TIME IS ON MY SIDE」を共作しているのです。

だからコード進行がほぼ同じで、間奏に台詞が入る訳です。

間奏の台詞は伊藤銀次の作によるもので、「いやあバテるねえ。こう暑いとクーラーないとやっていけないよ。こんな時田舎のあの娘でもいてくれたらなあ」と言ってます。(僕のMIXが下手で聞き取りにくくなってしまいました。)

ギターは右がストラトのセンターとリアのハーフトーンをツインリバーブのアンプシュミレーターで鳴らしたもの、左がES-335を50年代のチャンプのような小さなアンプシュミレーターで鳴らしたものです。

今日(7月28日)は大瀧師匠の生誕71周年記念日です。よろしければお聴きください。

プロダクト説明

LINE6 UX1
RODE M3
Fender N3 noiseless pickup

使用したプロダクト

ドラム音源ソフト
TOONTRACK EZ
エレクトリック・ギター
Fender ストラトキャスター, Gibson ES335
エレクトリック・ベース
Fender ジャズ・ベース
MIDIコントローラー
EDIROL PCR
音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR X1

28件のコメントが寄せられています。

04:21 / 256.026kbps

共有する

  • 再生回数: 45
  • お気に入り: 31
  • ブルース
  • カバー作品
  • "夏バテ"
    布谷文男
    (jasrac) 059-4450-3
2019/07/28 11:23