船頭行路

turug

作品紹介・説明


行く末を知りつつ、船頭に身を任せて、
暗い海を行く旅人。

物語は終わっている。

あとは、袂に携えたものと共に、
尽き果てた水平線の向こうまで送られるままに・・・。



こんにちは、turug です。

今回は歌ものです。
昔作ったインスト曲のメロディを流用して、
歌物に仕立てました。

暗い内容ですが、
音楽的な楽しみ、雰囲気に浸れるような
幻想的な歌としてお楽しみいただければ幸いです。☆m(_ _)m

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase

4件のコメントが寄せられています。

歌詞

天つ風吹く 暗夜まされる 
船頭渡す 向こう岸まで
櫂を返せば 波のゆらめく 
共のお客の背を月白映す

満つるか 欠くか 満つるか 欠くか

ゆめ見なさるな 夜明けるまでの
数えるほどの星ばかりなり
渡せるならば船頭任せ すわ漕ぎ出でて
揺られゆくかな 揺られゆくかな

4件のコメントが寄せられています。

02:44 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 15
  • お気に入り: 6
  • その他
  • オリジナル作品
2019/08/14 02:21