木枯し紋次郎 エンディング ナレーションつき

かんのすけ

作品紹介・説明

中村敦夫さん主演、1972年の大ヒット時代劇「木枯らし紋次郎」。そのエンディングに流れた有名なナレーションをBGMとともにカバーしてみました。

BGMとして主題歌「だれかが風の中で」の主旋律が流れる中で、切なくとつとつと語られる紋次郎の身の上。
この珠玉のナレーション聴きたさにドラマを見ていたといっても過言ではありませんでした。(いや、さすがに過言かw)

「木枯し紋次郎、
上州新田郡(にったごおり)三日月村の貧しい農家に生まれたという。
十歳の時に故郷(くに)を捨て、その後一家は離散したと伝えられ、天涯孤独な紋次郎、なぜ無宿渡世の世界に入ったかは、定かでない」

youtube版はこちらでどうぞ!

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC
シンセサイザー
Roland SonicCell

4件のコメントが寄せられています。

00:52 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 23
  • お気に入り: 4
  • その他
  • カバー作品
  • "だれかが風の中で"
    上條恒彦など
    (jasrac) 046-3232-0
2019/08/15 06:30