ぼくらの元号「戦後」

もりま

作品紹介・説明

この春の、新元号発表から、令和改元のフィーバーに、違和感を覚えたのは私だけではないと思います。
改元後に、新聞にどこかの作家だったかがエッセイを書いておられました。
戦後の昭和から、平成、令和へと元号が変わっても、日本人の根底にあるのは変わらぬ「戦後」という元号だと・・・
これにはなるほどね!と同感しました。

いつまで戦後”を引きずるんだ、いい加減にしろ!と怒る人もTVで見たこともあります。
「戦後」を終戦直後の貧しく、占領下のみじめなイメージととらえるか、
戦争の終わった『平和』な時代としてのイメージでとらえるかの違いだと思いますが、
やはり後者だと思っています。

僕の母は、昭和20年には13歳の子どもでした。
今の韓国のソウルで生まれ育ち、終戦で日本内地へ引き上げるため、釜山まできて、引き上げ船の順番待ちで、小学校で3日間泊まったそうです。釜山から山口県の仙崎港へいくルートでは、約30万人が半島から内地へ引き上げたそうで。
そこで母たちの乗る船の1便前の船が、日本海で機雷にあたり沈没したそうです。母はこどもだったので、船酔いで気持ち悪いのと漠然と怖かったという記憶があるだけですが、大人たちは船で生きた心地はしなかったことでしょう。
もしも母たちの船が沈没していたら、いまのぼくは存在していない訳で、
祖父母たちが子どもたちの命を守りぬいてくれたから、僕らが生まれ
ここにいられるわけで、祖父母や両親たちが作ってきた平和な社会を
われわれの世代で壊してはいけないという覚悟が必要です。

使用したプロダクト

アコースティック・ギター
Yairi Yairi

2件のコメントが寄せられています。

歌詞

『ぼくらの元号「戦後」』

緑萌える 春の日に
万葉集だ 梅の花
お上の決める 元号に
ありがたく ひざまずけ

 祖母と祖父が 生き抜いて
 ようやく手にいれた
 ぼくらの大事な 元号は
 ・・・「戦後」

今の政権 お似合いは
隠蔽 改竄 忖度元年
また失言 ポロリと本音
なんだかんだと 流れてく

 祖母と祖父が 生き抜いて
 創り上げてきた
 ぼくらの決意の 元号は 
 ・・・「戦後」

風薫る 五月の日
生前退位 即位の礼
マスコミと ネットが騒ぎ
踊らされて 右向け右

 母と父が 生き抜いて
 ようやく手にいれた
 ぼくらの大事な 元号は 
 ・・・「戦後」

今の世界に ふさわしい
分断 炎上 差別元年
私にゃ関係 ないからと
流されて どこへ行く

 母と父が 生き抜いて
 創り上げてきた
 ぼくらの決意の 元号は 
 ・・・「戦後」


                 2019.08.12







-----------------------

G    C    D    G
G      C   D     G    G7
  C      G     D       G
  C       G    D    G

2件のコメントが寄せられています。

03:29 / 128.016kbps

共有する

  • 再生回数: 17
  • お気に入り: 2
  • フォーク
  • オリジナル作品
2019/08/15 22:28