月下美人 ~隣のおばあちゃん~

もりま

作品紹介・説明

子どものころ、家の隣に上品なおばあさんが一人で住んでいました。
小さいながらも、平屋の日本家屋で、お庭も日本庭園風にきれいにしていました。
ある夏の夜、珍しい花が咲いたから見にいらっしゃいと、ご近所のみんなが集まってみたのが
月下美人でした。
白っぽい大きな花でとても良い香りがしていました。

咲かせるのは難しく、咲いても一夜でしぼんでしまうとのことで、
これ以降、月下美人の花を見たことはなかったのですが、35年ぶりにSNSでつながった高校の同級生が、
彼女の家で月下美人が咲いたと投稿した写真を見たことがきっかけで、昔のことを思い出しました。

隣のおばあちゃんは、ぼくが小さいころからおばあちゃんで、大学へ行くのに家を出るときもかわらずおばあちゃんでした。
いったいお幾つだったのでしょうね。

使用したプロダクト

アコースティック・ギター
Yairi Yairi

歌詞

『月下美人 ~隣のおばあちゃん~』

蒸し暑い夏の夜
珍しい花が咲いたと
近所のみんなを集めて
玄関先でながめてた

いったい何歳だったのか
隣のおばあちゃん
家の香りと優しい声が
今も心に残ってる

 うつむきがちに咲いている
 甘い匂いと
 月の光をうつしたような
 ほのかに白い
 静かに 美しく
 そんなあなたは 月下美人


暑い暑い夏休み
隣のお庭でセミ捕りだ
そんな僕らに縁側で
麦茶を出して、笑ってた

いったい何歳だったのか
隣のおばあちゃん
大きくなってもおばあちゃんで
いつも変わらずニコニコと

 うつむきがちに咲いている
 甘い匂いと
 月の光をうつしたような
 ほのかに白い
 静かに 美しく
 そんなあなたは 月下美人

                      2019/08/10


-----------------------------------------------------




C   F C  F    C
F      C    G   C G C
C     F   C  F    C
F    C     G   C GC
  G      C     F   C
  F   C       G    C
  G   C    F    C G  C

03:26 / 128.016kbps

共有する

  • 再生回数: 15
  • お気に入り: 3
  • フォーク
  • オリジナル作品
2019/08/16 22:32