The Weight / 「The BAND」を歌ってみた その1

daitaka

作品紹介・説明

ピーター・フォンダさんが亡くなられた。

 ピーターと言えば、「イージー・ライダー」。
 ほかにもいろいろな映画に出とるけど、とにかく「イージー・ライダー」。
 今年は、公開されてからちょうど50年になるらしい。

 実のところ、公開当時(確か中3じゃったかな)は儂はこの映画を見てなかったんじゃけど(実際に観たのはその5~6年後、大学生になってからじゃった)とにかくピーターがチョッパーに乗っとるポスターが巷に溢れてたのはよく覚えとる。(今でもいろんなところに貼られとるけどね♬)
 当時儂は「イージー・ライダー」の曲と言えば、ステッペンウルフの「ワイルドで行こう!」で、ほかの曲は知らなんだし、出演俳優についてもピーター以外は、実は知らなんだんじゃ。(ピーターにしても名優ヘンリーフォンダの子、ジェーン・フォンダの弟ってことを知っとるだけじゃし、デニス・ホッパーって名前を知ったのも随分後じゃった。ジャック・ニコルソンが出とることすら知らんかった。)
 とにかく当時は、街にやたらチョッパーが増え、サングラス、バンダナ(当時は、まだヘルメットをかぶらなくても良かったのです。)のやつが巷にあふれとったなー(笑)

 で、この曲自体は、儂は映画に関係なく、TheBANDを知ってから聞き出したわけなんじゃけど、イージー・ライダーで使われとったっちゅうのは実際に映画を見るまでは知らなんだんよ。
 好きな曲を言えっちゅうて言われたらすぐ出てくる程大好きな曲(好きって言うのが恥ずかしいくらいの名曲じゃけどね)なんじゃけど、実は儂はこれまでまともに歌ったことがないんじゃ。
 あまりに名曲すぎるちゅうのも変な言い方なんじゃけど、なんかね、ちょっと手が出しにくいちゅう感じでね、まあ、それと、この歌、歌詞が難解ちゅうか、儂にはとても理解できん(訳せん)のんよね(^_^;)
 THE BANDの曲はみなそうなんじゃけど、作者のロビー自身が歌詞の意味を公表せん(歌詞自体、本家本元の歌詞を公表しとらん)ちゅうこともあるんし、元となる歌詞自体が実はあやふやなんよね(例えば、コーラスのところの、日本語で書くと「ファーニー」の部分自体「Fannie」なのか「Fanny」なのか、はたまた「Annie」なのか?)。
 で、まあ、どう歌えばええのかが今一分らんちゅうことが一番かな?
 それと、楽器(バック演奏)の見せ場がないちゅうかね、そんなんじゃけん、ただ歌うだけの身としては、オケを人に頼み辛いちゅうこともあるんよね。

 今回の登録版は、お聴きのとおり、カラオケ版でして、2017年7月27日になんかの歌を録音するのにその前の準備喉慣らしで声を出したやつなんじゃけどね。
 今日ピーターの訃報を聞いて、「そう言えばThe Weight録音してたかも?」って思い出して、見つけたんよ。
 なんで、かなりええ加減な歌い方なんじゃけど、その辺は気にせんといて下さい(^_-)-☆
 
 

プロダクト説明

 録音;ZOOM R-8

使用したプロダクト

波形編集ソフト
INTERNET Sound it
モニター
audio-technica ATH
コンピュータ
Windows PC Windows PC

04:34 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 24
  • お気に入り: 8
  • ロック
  • カバー作品
  • ライブ音源
  • デモサウンド
  • "THE WEIGHT"
    THE BAND
    (jasrac) 0W1-1020-7
    ボーカル:DAITAKA
2019/08/17 13:54