オーストリーの風

瀬斗ひろき

作品紹介・説明

この歌は10年前の2009年春、マイサウンドというサイトで活動していた時期に
yusukyさんという人に作曲してもらい、歌ってもらった歌です。

ただサイトが2009年の12月に閉鎖されたので、この歌がマイサウンドで
公開された期間は9ケ月足らずでした。

サイトが閉鎖された頃、親の介護のような状態になっていて心が疲れきっていて、
ネットでの活動も完全に休止しました。

今回このサイトで改めてアップしようと思いました。

「オーストリー」というのはヨーロッパのオーストリアのことで、
オーストリアの母国語のドイツ語風に読むとオーストリーになるそうです。

オーストリアが南半球のオーストラリアと混同されるのを避けるため、
オーストリーと呼ぶようにした時期もあるそうです。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

13件のコメントが寄せられています。

歌詞

君と暮らしたウィーンの家
その部屋にさよならの調べが響く
なんだか皮肉なクラシック
指揮者が泣いてるクラシック

AH 僕ら考え方違って
不協和音 奏で出してるね

それじゃさよなら元気でね
君は飛行機でイタリアへゆくんだね
そしてピザをやげ食いするのかな
僕は汽車でドイツへゆこう
そしてビールでやけ酒しようかな

そんな僕らを そんな僕らを
オーストリーの風が冷ややかにあざわらうよ
オーストリーの風はあでやかでまぶししぎる AH


君と二人で行ってたカフェ
その店でメランジェを飲んでもまずいよ
なんだか笑えぬオペレッタ
観客少ないオペレッタ

AH 僕らうかれすぎて疲れ
不快指数高まるだけだね

それじゃさよなら元気でね
君は飛行機でイタリアへゆけば
そしてほかのだれかをさがすがいい
僕は汽車でドイツへゆこう
そしてあらたな夢でもつかみたい OH YEAH

そんな僕らに そんな僕らに
オーストリーの風はしゃれていて似合わない
オーストリーの風はあでやかでまぶしすぎる 


オーストリーの風はこの涙ぬぐうだろう
オーストリーの風はまろやかで優しすぎる AH

13件のコメントが寄せられています。

05:34 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 17
  • お気に入り: 10
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2019/08/20 17:50