さよならぼくのともだち 森田童子 大聖堂録音盤フルカバー(語り有り)

かんのすけ

作品紹介・説明

大好きな森田童子さんの代表曲のひとつである「さよならぼくのともだち」をカバーしてみました。

森田童子さんは、学生運動が吹き荒れる時代に友人が逮捕されたことをきっかけに、1970年に高校を中退し、20歳のとき友人の死をきっかけに歌い始めたのだといいます。この出来事をモチーフにした曲が、デビュー曲となる「さよなら ぼくの ともだち」だったそうです。

今回は、冒頭の語りのある森田童子さんのライブの名盤「東京カテドラル聖マリア大聖堂録音盤」を参考にギター弾き語りの形でカバーしてみました。

----------------------------------------------------
きみとぼくは同じ視線(線?)で結ばれた
ともだちという優しい放浪者だった
きみと二人して夜明けの街の
荒々しい空気に酔いしれて二人は彷徨った
いつかきみとぼくは同じ視線(線?)で結ばれた
ともだちという優しい放浪者だった
さよなら ぼくの ともだち
-----------------------------------------------------

森田童子さんは2003年1月、ドラマ「高校教師」の新作が放送され、「ぼくたちの失敗」が主題歌として採用されてことなどから、広く若い世代にも知られるようになりました。残念ながら、2018年4月、65歳でこの世を去ってしまわれました。合掌。

youtube版はこちらでどうぞ!

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Cakewalk SONAR
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC
アコースティック・ギター
Martin Martin
シンセサイザー
Roland SonicCell

04:37 / 320kbps

共有する

  • 再生回数: 19
  • お気に入り: 4
  • フォーク
  • カバー作品
  • "さよならぼくのともだち"
    森田童子
    (jasrac) 036-5182-7
2019/08/22 01:17