A・リード『アルメニアン・ダンス』パート2より 第1楽章

KT

作品紹介・説明

『アルメニアン・ダンス・パート2』

『アルメニアン・ダンス』
(英: Armenian Dances)は、
アメリカの作曲家アルフレッド・リードが
作曲した吹奏楽曲である。


《パート1》が出版されてから4年後の1978年に、
アメリカのバーンハウス社
(C. L. Barnhouse Company) から出版された。
演奏時間は約22分。
初演・献呈
1976年4月、ハリー・ベギアン指揮、
イリノイ大学吹奏楽団。
《パート1》と同じく、ベギアンに献呈された。

曲の構成

《パート1》とは異なる
出版社から出版されたため、
楽譜には改めて1〜3の楽章番号が
付けられている。

第1曲 Hov Arek 「農民の訴え」(風よ、吹け)
アルメニア民謡「農民の訴え」を基にした曲。
民謡は、若い農民が山へ向かって
「風よ(Hov)吹け(arek)。
そして私の悩みを吹き飛ばしてくれ」と祈る歌。
4分の3拍子のゆっくりとした悲しげな曲で、
農民の訴えをイングリッシュ・ホルンで表現し、
これがいろいろな楽器に引き継がれて静かに終わる。
4楽章構成における緩徐楽章と見ることができる。
Wikipediaより

プロダクト説明

・【NOTE PERFORMER】3.2

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

2件のコメントが寄せられています。

05:21 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 19
  • お気に入り: 8
  • クラシック
  • カバー作品
  • "ARMENIAN DANCES PART II"
    東京佼成ウインド・オーケストラ
    (jasrac) 0A1-3423-0
2019/08/25 02:30