星空の物語 <作詞 カフェモカさん>

Mr☆HAPPY YUKI

作品紹介・説明

☆ 9/5更新   OZONE8で、リマスタリングしました。

☆作詞家のカフェモカさんとの、初コラボ作品です。

☆さて、いつものように、メイキングの秘話(ヒストリア)を書きますね。
 
 8/11と8/18に、岩手県の地元の音楽祭に出演するために、毎日、新しいTAKAMINEのギターで練習をしていました。
そこへ、カフェモカさんからメッセージがあり、作曲してほしいとの事。いつもの事ですが「うまく作曲できるか?わかりませんが、やってみますね」とお返事をして、オフコースの楽譜を見ながら、ギター弾き語りで、作曲しながら歌ってみました。そのデモ音源もまあまあすてきだったのですが、8/18のライブのために、その後は作業は停止していました。

 先週に、井上陽水さんのCDアルバムを毎日、車で聞いていて「揚水さんの音楽は、おしゃれだよなあ」と、感じていて「さて、星空の物語を、作ろうか?」と、新しく購入したエフェクターをアンプにつなぎ、「おおおお、これはDAWでMIXするのとは違うライブ感たっぷりのサウンドだぞ」と、アナログ録音をしてみました。
 ずばり、井上陽水さんの「新しいラプソデイー」の雰囲気を、ギターで弾きながら、歌詞でメロデイをつむぎます(オっ、星座みたい)そしたら、この曲のメロデイが、あふれ出してきて、数テイクで完成しました。
 その後、再録音したのですが、このテイクが一番良かったです。

☆そこでカフェモカさんに、音源を聞いてもらったら、とてもよろこんでくれて、作曲家としては、この瞬間が最初の喜びなんですね。
 自分で聞いても、お気に入りになったので、動画も作ってみました。
 今まで、10年以上、作詞作曲をしては、ネットに公開してきたのですが、今は毎日たくさん自由な時間があり、いつでも音楽ができる環境にはあります。でも、自己満足だけでは進歩がないので、今年からライブ活動で、無料ではありますが歌ってきて、たくさんの方から応援されるようになってきました。
 そこで、きっとカフェモカさんが私にこの歌詞をオファーしたのは、天の時に違いないと思い、9/8の地元のチャリテイライブで歌うことに決めました。
 11/22(金)に、東京吉祥寺のライブハウス曼荼羅で、3年ぶりに「第6回 宮沢賢治祭り」にソロ出演することになり、face BOOKやツイッターで告知を始めました。
 宮沢賢治さんとは不思議な縁があり、私が音楽を始めた頃に、うまく曲が作れずに悩んでいた時に「星めぐりの歌」の現代版を作り、
コンテストに応募したところ、岩手県代表になり、「宮沢賢治の歌全国大会」で風の大賞を受賞し、そのつながりで、音楽の町、吉祥寺でライブができるようになり、現在にいたっております。
 宮澤賢治さんの代表作が「銀河鉄道の夜」で、カフェモカさんの歌詞の内容が、「銀河鉄道の夜」の世界を想像させてくれるので、これはもはや偶然を超えていて、運命的何かを感じます。
 
 では、お聞きくださいませ

プロダクト説明

アコースティック・ギター TAKAMINE
エフェクター

使用したプロダクト

コンピュータ
Apple Mac

カフェモカ

作品紹介・説明

初めまして!初デビュー作となる星空の世界を完成させていただきました。完成作は初めてなので凄いかっこよく綺麗に仕上げていただいて感謝感激の嵐です(^ν^)
これを私が作詞したんだという感動で暫く泣いてしまったのは、、内緒です。笑
心細かった初心者の曲を気に入って下さり世界観ある素敵な感じなので多くの人に聴いて貰えたら嬉しいです。
感想、ご意見、などなどコメントをどうぞよろしくお願い致します。

22件のコメントが寄せられています。

歌詞

一番
A
未練の森 川のせせらぎ
尾びれが顔を のぞかせる
水面に映る 満月も
満足そうに 照らしてる


B
時が止まること 二人は願う
時間を惜しむ この世界
二人の間に 言葉はない
照れ臭そうな キミと私

サビ
星空の物語 二人の世界
星と星をつなぐ 星座のように
繋がりゆく世界で 結ばれる
愛と愛を結んでいく

2番
A
世間の風 声が響かす
泉が顔を 映し出す
二人を灯す 三日月も
微笑みかける 夜の月

B
翼があれば 二人は思う
生きづらさから 解き放ち
表現する 心の形
溢れ出す キミと私

サビ
星空の物語 二人の世界
時の果てを 求めるように
流れ行く世界で 確かめる
夢と夢を 広げていく

22件のコメントが寄せられています。

04:31 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 65
  • お気に入り: 19
  • フォーク
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2019/08/29 13:30