ゲド戦記より「テルーの唄」ウィンドシンセ ひろりん Vocal まほさん With makoちゃん&The 7seedsさん

ひろりん♪(釜三郎)

作品紹介・説明

今回は、ジブリアニメから、ゲド戦記より「テルーの歌」を、ウィンドシンセ生演奏と
Vocal まほさんでお送りいたします(^^♪
※以前OKMで公開していたものリメイクとなります。

また途中にアニメの再現場面を入れてみました。声優のmakoちゃん、The7seedsさんありがとうございました(^▽^)/

『ゲド戦記』は、アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻の「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とした長編アニメーション映画です。


☆☆☆ SpecialThanks ☆☆☆

・Vocal / まほさん 


◎ アニメ再現シーン

・テルー役 / makoちゃん

・アレン役 / The7seedsさん

・ハイタカ役 / ひろりん♪

※台詞は名言集から抜粋し、makoちゃんにシナリオにしてもらいました。
 これは実際アニメの中で使われていますが、関連性はありません。
 あくまで演出上のイメージです。


■製作ノート

私の最も尊敬する作曲家はジョン・ウィリアムズ氏と久石 譲さん。
特に久石さんの武道館コンサートはず~と私の心の中に大事にしまってあります(o^―^o)
その中でのお気に入りがこの曲。原曲では手嶌 葵さんが独特の雰囲気で歌われていましたが、まほさんのボーカルもまた違った良さががありますね(^▽^)この歌は、まほさんがまだ大学生の頃の歌唱です。今はお母様とプロとしてご活躍されています(^^♪

私の専門は打楽器ですのでウィンドシンセは守備範囲外。
でも普段リズムを刻んでいるとどうしてもメロを取ってみたくなるものです(笑)
その一つとして始めたのがウィンドシンセ。これは電子楽器ですのでアナログな管楽器と違い誰でも音が出せます(笑)あとは指運を覚えればそれなりの演奏が出来ちゃいます。最近ではローランドのエアロフォンが話題となっていますが、私も視野に入れています(笑)使用した楽器はとても古いものですが、FM音源は音作りが容易なのでViolinの波形を元にサックスっぽい音にしてみました。

そして演出として今回makoちゃんと7さんに協力して頂き、アニメの一場面を再現してみました。makoちゃんがテルー役です。アレンが7さん。そして私はハイタカ役。
makoちゃんと7さんは、真子&七夫として戦争ドラマでは夫婦を演じていますので息の合ったところが伺えますね♪

プロダクト説明

MIDI制作 / レコンポーザー3.0 DOS版
PC9821 V200  M/IF: S-MPU
PC:Windows10 64bit 16GB
DAW:CUBASE STUDIO 8.5
O/I:steinberg CI1
VST:EWQL Symphonic Orchestra Gold
VIENNA SPECIAL EDITION
SC88Pro

YAMAHA WX11+WT11※ウィンドシンセ+シンセ音源
QUANTUM LEAP SPACES
MP3変換:SOUND it

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
波形編集ソフト
INTERNET Sound it
コンピュータ
Windows PC Windows PC
PCM音源ソフト
EASTWEST QUANTUM LEAP, Vienna Vienna Instruments

40件のコメントが寄せられています。

07:26 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 66
  • お気に入り: 33
  • アニメ
  • カバー作品
  • "テルーの唄"
    手嶌 葵
    (jasrac) 130-6468-1
    ミキシング:ひろりん
2019/09/04 05:25