Three times a Lady /コモドアーズ

G Force

作品紹介・説明

【曲説明】=====

2018年7月に録音した旧作ですが、コーラスをやり直しました。

1978年リリース、コモドアーズ初の全米No.1ヒット曲で、その作者でありシンガーだったライオネル・リッチーが一躍、有名になった名曲です。
この当時、アメリカで大学の寮生活をしていましたが、黒人の友達が多いフロアに夕食の前後にいくと、よくこの曲が大音響でかかっていて、曲調だけでなく個人的にもとても懐かしい曲です。キャッチーできれいなメロディに、愛情あふれる歌詞で、大好きな曲です。

今回も下に意訳を付けましたが、非常に英語的な表現で、意訳しないと訳詞ようがないんですね・・・
日本でシングルカットされましたが、邦題は「永遠の人へ捧げる歌」・・・大仰ですよね。でも英語の歌詞ってけっこうベタに愛情表現するので、意味的にこの邦題はあってると思うんですけど・・・オシャレかというと微妙です。

この歌のポイントになってる歌詞、Once, twice, three times は直訳なら、1回、2回、3回目・・・ですが、それだとなかなか意味がわからない。最初の彼女、2番目の彼女、そして君が3人目だよ・・・じゃヤバいですもんね。
なので、意味的には1度目の人生でも、生まれ変わって2度目の人生でも、それどころか3度目の人生でもずっと・・・・そんな意味で歌われているのが一番。
そして二番では、ただ一人の特別な人、いや、2倍、3倍重みのある大切な人なんだ・・・こんな意味合いに転じている気がします。

欧米だと、結婚式でこの曲は使われることもあるそうなので、やっぱり3人目の彼女と訳さないようにしましょうね!

【意訳】=====

きみがくれた時間に感謝してるよ
想い出はすべて僕の心に刻まれているんだ
そして今、僕らは虹のたものまできたのさ
君に大声で伝えたことがあるんだ

君は一度きりじゃない、
二倍も、三倍も素敵な人
僕はきみを愛している
そう 君は唯一の、二倍、三倍も大切な人なんだ
愛しているんだ

君は僕の夢も、
僕の喜びも痛みも、わかちあっている
僕に生きる意味を与えてくれる
もしもういちど生まれかわるとしても
僕はいつだって君と過ごすんだ

君は一度目、二度目
三度目だって僕の憧れ
きみを愛している
そう、何度生まれ変わったとしても
きみを愛している
きみを愛してるんだ

僕の鼓動の一つひとつは大切な瞬間
君に触れること、抱きしめること
感じること、必要とすること
僕らを分かつものなんてないんだ。

【ジャケ絵】=====

Lady ってことで・・・これにしました。
ケント紙ボードに多色マーカーで描いてます。
サイズは天地50cmくらい。

使用したプロダクト

マイク
RODE NT
モニター
YAMAHA NS, SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
レコーダー
ZOOM R16
音楽制作アプリケーション
PreSonus Studio One

30件のコメントが寄せられています。

03:36 / 192.023kbps

共有する

  • 再生回数: 59
  • お気に入り: 28
  • R&B
  • カバー作品
  • "Three times a Lady"
    THE COMMODORES
    (jasrac) 0T1-6659-7
2019/09/08 21:25