素直になれなくて ~ INST

コン太

作品紹介・説明

1982年リリース、HARD TO SAY I M SORRY をお届けします。
直訳すると、ごめんねが言いにくい…
さらに意訳すると、謝るのが下手… そんな感じのタイトルのようですが、「素直になれなくて」という邦題は、とても興味を惹きますよね。

和訳された歌詞を読んでいると、主人公の男性は謝ることができそうにない。。。ごめんねを言えそうにない。。。そんなことばかり言っていますが、ちょっと腹立たしいですね。
回りくどいのはイケません。ストレートに謝る。それが1番の近道だと思います。

ネットに上がっているものは、後半のハードな部分を省略したものが多いですが、Extended Versionとしています。
なお、原曲では、FM音源系キーボード、コーラスを深く掛けたピアノなどを重ねていると思いますが、この作品には静かなピアノが似合うと思っていますので、そのような構成にしています。

使用したプロダクト

シンセサイザー
Roland SC
音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
モニター
SONY SMC MDR

04:51 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 23
  • お気に入り: 2
  • ポップス
  • カバー作品
  • "HARD TO SAY I M SORRY"
    CHICAGO
    (jasrac) 0H1-3714-5
2019/09/11 19:12