Return to Innocence/エニグマ

G Force

作品紹介・説明

【曲説明】==========

昨年11月にやった曲ですが、これもMIXをやりなおしました。

この曲を歌った直前まで、喉の炎症が1か月半も続いて、リハビリのつもりでこの曲を選びました。

Enigmaはルーマニア出身で、活動拠点はドイツ。この曲は1996年の曲です。アトランタオリンピックのテーマソングとして当時よくラジオでも流れていました。

冒頭から始まるチャント(詠唱)が特徴的ですが、これは台湾の先住民族の音楽で、「酒飲む老人の歌」という古謡です。
このエニグマやDeep Forestも好きでよく聴くのですが、彼らは世界各地のこうしたフォークロアをサンプリングして作品の中によく取り込んでいます。そんなパートを、まさか自分で歌うハメになるとは思ってもみませんでした。その土地固有のこぶしって、難しくて苦手ですが、この曲の場合は、酔っ払いのチャントってことで、けっこう適当に歌ってみました。

チャントは借り物で作られたとはいえ、曲自体はエニグマのオリジナルで下記のような内容です。

【歌詞と意訳】==========

愛、献身、感情、情熱
弱いことを恐れないで
強いことを自慢しすぎないで
心の中をよく見るんだよ、友よ
それは、君自身を取り戻すことだよ
無垢な君自身への回帰なんだよ
望むなら、笑えばいい
耐えられなきゃ、泣けばいい
ありのままの君を、隠さないで
運命を信じて
人の言うことなど気にしなくていい
君のやり方でやればいい
あきらめず、チャンスを掴もうよ
無垢な君自身に戻るために
それは終末の始まりじゃない
それは君自身へ回帰すること
それは君自身への回帰

【ジャケ絵】==========

エニグマという言葉は、「謎」的な意味合いがありますが、世界大戦時の暗号解読機の名称に使われたりと、なにかと謎めいた単語です。それでちょっと不思議つながりな感じで、M.C.エッシャーの無限絵図を意識してデザインした絵を選びました。
六角形の図形の各辺を足したり引いたりした基本のパネル絵を作り、それを連続させると完成です。

プロダクト説明

【制作うらばなし】==========

またウケなさそうな、変なカバー選んじゃいましたね・・・。
出だしから特徴あるチャントなので、まずこの酔っ払いソングから歌いだしました。「えーえおおあーあーえんやこーらー」とレコーディング中に何度もやり直すので、だんだん興に乗ってきて、ほんとに酔っ払いになった気分でやってました。ちょっと美輪明宏さんの「よいとまけの歌」も思い出したりして。隣の部屋で聴いてる奥さんはさぞかし迷惑だったことでしょう・・・(耳栓して寝てたようです)

DAW: Studio One 4 Artist (MIDI)
Rode NT1
Presonus Audiobox iTwo(Audio I/F)
Vocal トラック:
 ・Lead Vocal
 ・Lead Vocal サブ
 ・Chant男×2
 ・Chant女役
 ・コーラス上×2
 ・セリフ     
計ヴォーカル8トラック

使用したプロダクト

マイク
RODE NT
モニター
MACKIE HR, SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
音楽制作アプリケーション
PreSonus Studio One

22件のコメントが寄せられています。

04:12 / 192.02kbps

共有する

  • 再生回数: 46
  • お気に入り: 15
  • アンビエント
  • カバー作品
  • "RETURN TO INNOCENCE"
    Enigma
    (jasrac) 0D5-7493-1
2019/09/22 15:47