A・リード『アルメニアン・ダンス』パート2より 第3楽章

KT

作品紹介・説明

アルメニアン・ダンス パート2

《パート1》が出版されてから4年後の1978年に、
アメリカのバーンハウス社
(C. L. Barnhouse Company) から出版された。
演奏時間は約22分。
初演・献呈
1976年4月、ハリー・ベギアン指揮、
イリノイ大学吹奏楽団。
《パート1》と同じく、ベギアンに献呈された。

曲の構成

《パート1》とは異なる
出版社から出版されたため、
楽譜には改めて1〜3の楽章番号が
付けられている。

第3曲 Lorva Horovel 「ロリの歌」
(ロリ地方の農耕歌)
農民の労働歌からとられたもので、
391小節におよぶ大規模な楽章である。
トランペットに導かれて
劇的な悲痛な響きで開始され、
間に8分の5拍子のエキゾッチックなメロディが現れる。
主部は4分の2拍子テンポ200のにぎやかな曲で、
中間部では8分の5拍子のテンポ120と
ゆっくりな部分となり、
8分の6拍子の舞曲的なメロディが現れるが、
再び4分の2拍子の速いテンポになり、
華麗に曲が終わる。

日本における受容

日本においては、
作曲から40年以上経った後でも人気があり、
プロフェッショナルの楽団に限らず、
全日本吹奏楽コンクールの自由曲や
演奏会のプログラムの1曲として
取り上げる学校や団体は多い。
演奏会のメインプログラムとして、
一つの交響曲もしくは組曲として
全4楽章を演奏する例も見受けられる。
Wikipediaより

 この度やっと
『アルメニアン・ダンス』
全曲アップする事が出来ました!
このパート2は演奏会の演目でしたので
いまだによく覚えています。
特にハープ(この楽章は殆ど出番なしですが・・・)の
入った吹奏楽曲はなかなか演奏する機会がありませんでした。
合奏では練習は出来ませんでしたが、
本番前の音合せで始めて合わせた時には
その響きに「なんて楽器なんだろう?」って
鳥肌が立った事を覚えています。
演奏が華々しくなるような感じがしました。

 しかし、優雅な上半身の動きに対して、
足元では目まぐるしくベダルを踏む様子を
横で吹くコンサートマスターは
しっかりと、感じていたようで・・・
(本番はロングスカートで隠れているようですが)
「バタバタと足凄かったぞ!気になったわ。。。」と
かれこれ30年以上前の事でございました・・・^^;

 フル編成(今では結構演奏出来るとは思います)
当時は、特殊楽器を持つ楽団が殆ど無かった事もあって
こうやって作ってみて、
《こんな響きだったんだ!!》なんて感じました。

 今回も、PCがパンク寸前で最後あたり
【Sibelius】制御不能。。。に
『Alfred Reed』氏の曲はいつもこうなってしまいます・・・^^;


A・リード『アルメニアン・ダンス』パート1

A・リード『アルメニアン・ダンス』パート2より 第1楽章

A・リード『アルメニアン・ダンス』パート2より 第2楽章

プロダクト説明

【NOTE PERFORMER】3.2

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

5件のコメントが寄せられています。

08:34 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 18
  • お気に入り: 7
  • クラシック
  • カバー作品
  • "アルメニアン・ダンス・パート2"
    東京佼成ウインド・オーケストラ
    (jasrac) 0A1-3423-0
2019/09/29 09:36