チャルダッシュ いさり火さんのピアノとのコラボ

♪ふえ♪

作品紹介・説明

なんといさり火さんのピアノとのコラボです。

2010.7.26 音源と説明文を更新しました。

このチャルダッシュと言う曲は、昔から大好きな曲でした。
でも伴奏音源もなく、伴奏してくれる人もいなくて寂しい思いをしていました。

そんな時に笛仲間のいさり火さんがこの曲を公開しました。
何と伴奏は自作!
演奏も如何にもいさり火さんらしい、端正で綺麗な音のチャルダッシュでした。

羨ましくて羨ましくて・・・・
いさり火さんに「伴奏音源使わせてください! コラボしましょ!」とおねだりしてしまいました。
快諾をいただき、早速吹いて公開したのですが・・・あまりにひどい演奏だったので音源を削除していました。

腱鞘炎が悪化してずっと吹けず、 この曲だけが音源削除のままに。
それがずっと気になっていたのです。
昨日・今日とちょっと無理して吹いてしまいました。

当然ですがまともには吹けませんので、必殺の騙し技でとりあえず場を繕うことにしました(笑)
何をズルしたかは、いさり火さんだけが知る!?  

とは言え、誤解を招くおそれがあるみたいなので必殺の騙し技・・・・真面目に説明しておきます(笑)

手持ちの楽譜には、アップテンポ部分の16分音符すべてにスタッカートの表記があります。
つまり一つ一つの音をタンギングで切って細かく演奏しなさいという指定です。
しかも細かい装飾音が付いていて相当に難しいのです。(いさり火さんの演奏を聞けば本当の楽譜表記がわかります)

私は技量も低く、練習不足もあって舌と指が同期しない・・・どうしてもバラバラになっちゃうのです。
部分的には細かく切って演奏できるのですが・・・さすがに全体を安定して吹くのは無理。

指はそこそこ回るので、アップテンポ部分の伴奏をツールで思い切りアップテンポに編集、
曲の楽しさを優先したことにして(笑)タンギングをさぼってスラーで吹いてしまったのです。

これから少し真面目に練習して、この早さで細切れ演奏ができるようにします。

★オマケ★  こちらは2人が本当にフルートで生コラボした演奏です。 「いつくしみ深き」

使用したプロダクト

レコーダー
ZOOM MRS

いさり火

作品紹介・説明

今回僕は伴奏音源(打ち込み)を提供しただけなので、コラボといえるのかどうか(汗)
もちろんピアノなんかは「猫踏んじゃった」しか弾けません(笑)

プロダクト説明

カワイ スコアメーカーFX2

12件のコメントが寄せられています。

03:35 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 294
  • お気に入り: 27
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • コラボレーション
  • "チャルダッシュ"
    モンティ
  • 作曲:ヴィットーリオ・モンティ
2010/07/26 17:12