吹奏楽『シンフォニア・ノビリッシマ』

KT

作品紹介・説明

シンフォニア・ノビリッシマ
(イタリア語: Sinfonia Nobilissima)は、
ロバート・ジェイガーの作曲した吹奏楽曲。
邦題は「吹奏楽のための高貴なる楽章」。

1962年から1963年にかけて作曲され、
1963年2月に結婚した妻
ジョン・ルシル(John Lucille)に捧げられた。
ロマンティックな旋律の魅力と巧みな構成、
楽器法によって、ジェイガーの代表作の一つとされる。
日本でも人気は高く、
全日本吹奏楽コンクールにおいても
2013年9月現在、13回取り上げられている。

楽曲
演奏時間は約6分半。
急‐緩‐急の複合三部形式で書かれている。

アンダンテ・フィエラメンテ(fieramente、熱烈に)、
ハ長調、4/4拍子の堂々とした序奏で始まる。
ここで主題が予示され、アレグロ・コン・ブリオで主部に入る。
ホルンの伴奏に乗ってクラリネットに主題が歌われ、
華やかなトゥッティとソロを対比させた多彩な展開が続く。

中間部はアンダンテにテンポを落とし、
ヘ長調でクラリネットに美しい旋律が歌われる。
オーボエの抒情的な独奏を挟んで、
トゥッティで主題が再現される。
テンポを戻すと、主部が短縮、
展開された形で再現され、力強いコーダで終わる。
Wikipediaより


最初に2017年5月に作ったものを
約1年前に作り直したものです。
吹奏楽曲の中でも名曲だと思っています。
また、とても想い出深い楽曲で
自分にとっての青春です!

プロダクト説明

【NOTE PERFORMER】3.2

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

8件のコメントが寄せられています。

05:49 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 18
  • お気に入り: 9
  • クラシック
  • カバー作品
  • "SINFONIA NOBILISSIMA FOR BAND"
    大阪市音楽団
    (jasrac) 0S0-3356-9
2019/11/09 18:20