Dream Police / チープトリック

G Force

作品紹介・説明

【曲説明】=====
このところ残業が多くてじゃっかんまいってます・・・
そんな時こそ、元気の出るロックでも・・・と思って寝るまでのわずかな時間にチマチマ制作してました。

チープトリックは1970年代の終盤には結成されていて、QUEENのように最初に日本でヒットして、そこから英米に人気が広がったバンドです。シカゴ出身のバンドなので、僕の大学にもライブできて、なかなか盛り上がっておりました。

人気・知名度はそこそこありましたが、当時の他のバンドに比べると、やや色物的にみられるというか、音楽的には高い評価はされていなかったようです。まぁリック・ニールセンなんか変なギターつかうし、曲はPOP-Rockでなんか極めている感が音楽ファンには物足りなかったのかもしれません。

その分、いくつかヒット曲を飛ばしてて、「甘い罠 (I Want You To Want Me)」なんかはとてもキャッチーで大好きな曲です。
今回のDream Policeも、Beatlesやベイ・シティ・ローラーズのPOPな部分に通ずるような、わかりやすくメリハリの効いた曲で、僕的には好きなんですが、世間的にはイマイチなのかなぁ・・・

というわけで、またしても個人的な趣味で、メジャーじゃない曲のカバー、行きます!

【歌詞の意訳】=====

夢警察、僕の頭の中にいる
夢警察、奴らは僕のベッドにやってくる
夢警察、奴らは僕を逮捕しにくる、オーノー!

あいつらの話しなんてクソだし、噂はロクなもんじゃない
そして僕が眠りについたら、もう生き延びられない!夜、その夜も!

奴らが聞き耳をたてているから、僕は嘘をつけない
そして僕が眠りについたら、あいつらはボクを偵察するんだ。夜な夜な!

※眠ろうとするんだけど、
 奴らはめっちゃ起きていて僕を一人にさせないし、
 やつらは休暇もとろうとしないから、僕は一人になれないし
 僕が隠れようとしても見張ってるから、僕は一人になれないし
 僕を捕まえて裁き審判を下すんだ、いっぺんにね、ハハハハハ・・・

とまぁ端折りましたが、こんな感じです♬

プロダクト説明

【制作裏話】=====

ギターは、AX40 Staring by Musicman
ヴォーカルトラックは
・リードヴォーカル
・サブヴォーカル
・セリフ
・コーラスA×2
・コーラスB×2
・コーラスC×2  計9トラック

この制作時、同時に進めていたのが・・・
・クラッシックデュエット曲
・長唄ロック
・LAメタル
・クリスマスのコーラス曲・・・と、
ジャンルが支離滅裂で・・・
僕は1曲ずつ仕上げるというよりも、同時にいくつか並行で制作しながら、
気分転換で違うジャンルの曲とか、よくやるんです。
でも今回はバラバラ過ぎて、発声法もみんな違うし、途中で空中分解しそうでした・・・
でもこれくらい、音楽に振り回される方が仕事のストレスに対抗しやすいですね(^^;)
自虐的なこの頃です(自爆)

使用したプロダクト

マイク
RODE NT
モニター
MACKIE HR, SONY SMC MDR
コンピュータ
Windows PC Windows PC
音楽制作アプリケーション
PreSonus Studio One

38件のコメントが寄せられています。

03:51 / 192.022kbps

共有する

  • 再生回数: 65
  • お気に入り: 29
  • ロック
  • カバー作品
  • "Dream Police"
    Cheap Trick
    (jasrac) 0D0-9969-9
2019/11/24 23:35