ブラームス 『ハンガリー舞曲』第1番

KT

作品紹介・説明

『ハンガリー舞曲集』
(ドイツ語: Ungarische Tänze)WoO.1 は、
ヨハネス・ブラームスがハンガリーの
ジプシー(ロマ)音楽に基づいて編曲した舞曲集。
オーケストラでの演奏が広く知られているが、
最初はピアノ連弾のために書かれ、
爆発的な人気を博した。
全部で21曲あり、
それぞれの長さは1分程度のものから
4分程度のものまでとまちまちである。
中でも、管弦楽用に他者によって再編曲された
第5番がとりわけ有名である
(曲自体はケーレル・ベーラ
 (英語版)のチャールダーシュ "Bártfai emlék" による)。

ブラームスは、1873年に
自身の指揮で演奏会で取り上げるため
第1曲、第3曲、第10曲を管弦楽用に編曲している。
全21曲の内、残りの18曲は
ブラームス自身による
オーケストレーションが施されていないが、
さまざまな音楽家が
オーケストレーションを手がけており、
主に次のような版が存在する。
一般的にみられる
オーケストレーション上の配慮として、
特定の楽器に対する
不自然な演奏の回避や楽器の
響きやすさなどのために
移調されている曲がある。
Wikipediaより

プロダクト説明

【NOTE PERFORMER】3.1

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

8件のコメントが寄せられています。

02:36 / 256kbps

共有する

  • 再生回数: 17
  • お気に入り: 12
  • クラシック
  • パブリックドメイン作品
  • "ハンガリー舞曲 第1番"
2019/11/30 20:20