合言葉は矛盾さ

瀬斗ひろき

作品紹介・説明

この歌の歌詞には実体験を盛り込んでいます。
人生って矛盾だらけだと感じることもあります。
例えば2番で書いている「誰かと仲良くしたら誰かと仲たがいになる」というのは実際経験したことです。
特定のだれかと深い付き合いをするより、「浅く広く」というほうがいいのかなと感じたことがあります。

なので合言葉は一致団結とかではなく、合言葉は矛盾というタイトルになっています。
歌は今年10月に録音しました。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

10件のコメントが寄せられています。

歌詞

いろんな人がいて
それぞれ思うことがある
俺が思うことがね
人とは違うこともある

そしてしがらみにとらわれる

優しくなりたい 優しくなりたい
なのに俺は何かをまたしても裏切るよ
笑っていたいよ けれども笑えない
だから合言葉はなぜか矛盾なんだよ


いろんな道があって
いろんな選択肢がある
俺が選ぶ権利も
当然あっていいはずさ

誰かと仲良くしたら
誰かと仲たがいになる
自分が歩む道さえ
だんだん壊れだすんだよ

そしてジレンマをかかえこむ

流されたくない 流されたくない
だから俺は主張をはっきりとしたいのさ
優柔不断は八方美人だね
そうとわかってても愛想笑いするのさ


あちらを立てればこちらが立たず
そういう言葉もあるんだよ

優しくしたくて優しくできない
だから迷路で迷って気が付けばケガしてる
自分を保ちたい 自分を保ちたい
だけど合言葉はやはり矛盾なんだよ

10件のコメントが寄せられています。

03:57 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 25
  • お気に入り: 14
  • Jポップ
  • オリジナル作品
2019/12/03 09:36