Winter cry

Tropfennotiz

作品紹介・説明

グラアクです。2011年冬より制作を始めたWinter songですが、今回が8作品目と言う事で、いつもとは違った取り組みを
してみました。自身の曲ではないため、実際のBPM以上の体感の速さ・言葉数・且つ繊細なメロディに、歌入れは苦労しました。
以下、相方のインテリ先生からのコメントです。


今年の冬トロ(This year's winter song of Tropfennotiz)は、NoeLさんより楽曲を頂き制作した「Winter Cry」です。


作詞・作曲はNoeLさん、アレンジはYou tubeやCreoFUGAでも活躍しておられるe-komatsuzakiさんです。以前にNoeLさんとe-komatsuzakiさんのタッグで公開していたものを私たちが気に入って歌わせていただきました。


ただ、e-komatsuzakiさんにいただいた彼のアレンジしたMIDIデータは、私の製作環境とはPCもソフトも音源も違うため、再生ができませんでした。ご存知の方も多いでしょうが、MIDIの指定する、該当する音色が無い場合、無音で変換されてしまいます。


こちらの機材で設定しなおそうにも、MIDIデータを見ながら「この音符はどこで鳴ってるどの音なんだろう?」というのを全ての音に対して探って新たに設定しなおしていくのはとてもじゃないですが出来ませんので、MIDIデータではなく、正しい音で鳴っているNoeLさんとe-komatsuzakiさんのwavデータを送って頂き、それに合わせてドラムやベース、ギターを組み立てるという流れになりました。


そのため曲展開を原曲とは違う流れにすることが不可能だったというremix版としてはマイナスな部分はありましたが、e-komatsuzakiさんのシンセサイザーアレンジのデータをそこだけ抜いて勉強するにはまたとないチャンスとなりました。他人のデータは宝の山ですね(^^)


よって、作詞・作曲はNoeLさん、ボーカルはglass-aquarium、シンセサイザーはe-komatsuzakiさん、ギターはインテリ先生、アレンジはe-komatsuzakiさん、NoeLさん、インテリ先生という事になりますね。聞き心地はかなり豪華かつ異色の曲となりましたが、楽しんでいただけると嬉しいです。


こちらは、原曲のNoeLさんの公開ページになります。
https://creofuga.net/audios/113730

glass-aquarium

まだ作品情報が入力されていません

18件のコメントが寄せられています。

歌詞

空を見て 伝わる 想いは 今年の冬も
綺麗な結晶がほら 記憶を飾ってく
ねぇ…恋しいよ


あれから今 違う街に住んでいるよ
…知らないよね
悲しいほど時は 過ぎたけど
君は誰か好きになったのかな?
…知らないけど

今日は初雪の予報 浮き足立ってゆく
街並みもキラキラ眩しい
寂しい顔なんてほら 似合わない景色と
あの日の二人が笑っているんだ
それは私が 望んで 逃した景色

冷たくて儚い 欠片は涙に触れて
愛したから愛される 幼い願いごと
小さな奇跡を 祈ってる
別々の 世界で どんなに叫んでみても
二度と届かないのならば せめて 同じ雪を見て…


約束などしないままに
離れたから …会いたくなる
対等じゃないよ 最初から
君を好きな気持ち 閉じ込めても …隠せない

ほんの一つの季節を 一緒に過ごしたら
永遠だって欲しくなってた
ワガママな愛情なら 君を困らせると
気づいた時には もう次の季節で
君が変わった 吹く風が少し痛かった

真っ白に染まった 駅前思い浮かべる
重ねる度 切なくて 君の現在(いま)を知りたい
でも知ったら きっと辛くなる
幸せは 自分が掴みにいくものだって
ずっと信じていたけれど 少し違っていたみたい…

言葉にならない想いさえ 優しく包み込む 白い息
指先に触れて消える 粉雪果てなく 夜空を舞い上がる…

空を見てつぶやく 全ては 夢みたいだと
目を閉じて微笑む 楽しくて嬉しかった日々 …全部

冷たくて儚い欠片は 涙に触れて
愛したから愛される 幼い願いごと
小さな奇跡を祈ってる
別々の 世界で どんなに叫んでみても
二度と届かないのならば せめて 同じ雪を見て…

18件のコメントが寄せられています。

05:31 / 128kbps

共有する

  • 再生回数: 57
  • お気に入り: 21
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
  • デモサウンド
2019/12/08 11:11