君のGraduation

T.Kurosawa

作品紹介・説明

まろんさんの歌詞のおかげで、久々に卒業がテーマの楽曲を制作できました。切ない内容の歌詞ですが、エールを送ることができる主人公なので、長調にしました。

プロダクト説明

ABILITY Elements

使用したプロダクト

シンセサイザー
YAMAHA MU
ソフトシンセサイザー
EDIROL Hyper Canvas
オーディオインターフェース
EDIROL UA

まろん/呼都玻(kotoha)

作品紹介・説明

Kurosawaさん、この度は お世話になり、大変有難うございました。

この詞は、ちょうど一年前、卒業式くらいの季節の時に 書かせさせて 頂いたものです。

当時 OKにしか この歌詞を 投稿していませんでした。

Twitterを通じ、Kurosawaさんが お声がけくださり、お世話になる事となりました。

この歌詞に、お目を 通してくださり、Kurosawaさんには、心より 深く 感謝してます。

ありがとう ございました。
出会いと別れは、人間関係には 付き物だと思いますが、

本当に 愛した相手だからこそ、幸せになって貰いたい。
そう 私的には、感じてしまいます。

時が流れても、その時に 育んだ想い出は いつまでも「色褪せる事 無く 輝いているもの」なのでは、ないかと…。?

想い出だからこそ、美しい。
そんな 状況も あると思います。

美しい想い出達で、心 埋め尽くす事が出来たら、人間は、豊かになるのではないか?と思ったりします。

16件のコメントが寄せられています。

歌詞

「サヨナラ」と言って ドア閉める君
視線でしかもう 引き止められない
時間だけが過ぎ 互いの気持ちが
すれ違った事 今更 悔いてる

上京したてで まだあどけない
笑顔を僕に 向けて微笑んでた

Congratulations 君の卒業
いつの間にこんな 大人になったの?
本当に君は キレイになった
香りが漂う 知らない僕の


同い年同士 ただ幼くて
無邪気な瞳を 真っ直ぐ向け合う
変わってゆく街 季節は巡って
二人の愛すら カタチを変えてた

安物リングじゃ もうその心
満足さえも させてあげられない

Congratulations 君の卒業
こらえてる涙 背中を見つめた
「求めてる場所に いいから行けよ」
僕から君への 最後のエール


Congratulations 君の卒業
いつの間にこんな 大人になったの?
本当に君は キレイになった
香りが漂う 知らない僕の

Congratulations 君の卒業
飾ってる写真 おどけた君の顔
表情が消えた その時 既に
僕から離れる 準備をしていた

「ありがとう、元気で」詰まらす声を

16件のコメントが寄せられています。

04:25 / 256.025kbps

共有する

  • 再生回数: 39
  • お気に入り: 16
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2020/01/13 18:29