群青の羽根

Tropfennotiz

作品紹介・説明

トロフェンが描き続けている、和とロックの融合、5曲目になります。

和楽器は、琴、笛、和太鼓等の音色を使用しています。

歌詞とタイトルは、私が考えました。何かイメージしたものある?と相方に聞いたところ、特別には無いということなので、自分なりにイメージを膨らませてみました。
群青と言う色からは、生命の源である海の色だったり、宝石を散りばめたような宇宙の色を、思い浮かべたりする方もいると
思います。

そんな、貴重で不思議なエネルギーを感じる深い青色をイメージし、ストーリーを考えてみました。どうぞお聴き下さい。

==============================

LIVEのお知らせです。
2月29日(土)御徒町ジャムセッション http://jamsession.jpにて、タイムテーブルは一両日中に決めるみたいなので、追ってお知らせさせていただきます。
チケ代2000円(1D込み)の予定です。

詳細がまだ記載できないのですが、トロフェンを気に入って下さって輪が広がるというのは良いですね(^^)
glass-aquariumも三味線を演奏する予定です。

興味ある方は、インテリorグラアクまでメッセージお願いします。


glass-aquarium

まだ作品情報が入力されていません

23件のコメントが寄せられています。

歌詞

Lyrics:glass-aquarium
Composed:Teacher of intelligence

咲き誇れ 命儚く散る前に
誰よりも 輝く光放つ星になれ

群れ立つ青き天河から 星降り注ぐ夜
遥かなキミの許へと
絶望と希望の狭間で 人は何を思うの?
願いがきっと届くように

見果てぬ未来へ 一歩踏み出そう
空も飛べる 魔法の羽根があるなら

咲き誇れ 命儚く散る前に
誰よりも 輝く光放つ星になれ
躊躇ってる暇はない


どうして人はいつだっつて 傷付け合うのだろう
運命の糸に導かれ
愛するモノを守るため たとえ血を流しても
消えない痛みを抱えて

この宇宙広がる 無数の星屑
キミの望む未来がそこにあるから

舞い上がれ 焔燃え尽きる時まで
傷付いた羽根を広げ あの空に羽ばたけ

閃くナイフが 夢を脅かす
手のひらの未来が 悲鳴を上げても

舞い上がれ 焔燃え尽きる時まで
傷付いた羽根を広げ あの空に羽ばたけ

咲き誇れ 命儚く散る前に
誰よりも 輝く光放つ星になれ
躊躇ってる暇はない
このままじゃ もう居られない

23件のコメントが寄せられています。

05:03 / 320.027kbps

共有する

  • 再生回数: 61
  • お気に入り: 22
  • Jポップ
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
  • デモサウンド
2020/02/01 10:03