涙雨

ゆめじ黄(こう)

作品紹介・説明

涙雨 この曲はGさんとゆめまぼろし、
楽しくコラボしたこと深く思い出します。
かっこいいご演奏が大変に心地よかったです。
ボーカルはまぼろしさんバージョンです、素敵です。
また、この歌詞が・・好きです(*´▽`*)
Gさん、まぼろしさん、ありがとうございました。

みなさま、お聴きくださり、
また素敵なコメントをありがとうございました。
感激です!

15件のコメントが寄せられています。

歌詞

雨が濡れる 歩道の片隅に
枯れ散った 葉っぱがなぜか 悲しい
傘もなく ただ立ちすくみ
おまえもかと 靴の先で なぐさめる
憎いといったら 嘘になるでしょ
恋しいといったら 涙雨にかわるでしょ
私のこころよ いつかは晴れる
この雨だって 明日の朝には きっとあがるかしら
私の胸を 押しつぶす空
重い世界は 心に染まる 悲しみ色
秋から冬 冬から雪が 
舞い降りて けがれあるもの つつみこむ
泣いてなぐさめて 誰か抱いてよ
忘れられない 涙雨は降りつづく
私のこころよ 心配しないで
無茶はしないから 明日の朝には きっとあがるはずよ
憎いといったら 嘘になるでしょ
恋しいといったら 涙雨にかわるでしょ
私のこころよ いつかは晴れる
この雨だって 明日の朝には きっとあがるはずよ

15件のコメントが寄せられています。

04:43 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 34
  • お気に入り: 23
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2020/02/01 20:59