ロバート・ジェイガー 『第3組曲』より 第1楽章

KT

作品紹介・説明

第3組曲/ロバート・ジェイガー
I.マーチ  March 2:29
II.ワルツ  Waltz 3:02
III.ロンド  Rondo 2:39

作曲者:ロバート・ジェイガー(Robert Jager) 
演奏時間:8分10秒(約)
グレード:3.5
編成:吹奏楽

日本でも1977年の
全日本吹奏楽コンクールの課題曲として
《ジュビラーテ》を委嘱されたり、
《シンフォニア・ノビリッシマ》(BCL1)や
《吹奏楽のための交響曲》などが
コンクールで多く取り上げられていました。
これらの作品に見られるロマンティックで
抒情的な旋律が人気を得たのでしょう。

この《第3組曲》は1965年に書かれた作品で、
上に挙げた代表作に見られるような
ロマンティックな雰囲気ではなく、
ユニークな技巧とアイデアが盛り込まれています。

第1曲「マーチ」
通常は4拍子で演奏される行進曲ですが、
ここでは7拍子(4/4 + 3/4 拍子)または
5拍子で演奏されています。

ちなみに
ジェイガー自身は、この第3組曲(1965年)を
”tuneful”と評している。
そうである・・・

この曲で歩けない「マーチ」を作る
センスは素晴らし!!\(^o^)/

プロダクト説明

「NOTE PERFORMER」

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

2件のコメントが寄せられています。

02:24 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 13
  • お気に入り: 3
  • クラシック
  • カバー作品
  • "THIRD SUITE"
    東京佼成ウィンドオーケストラ
    (jasrac) 0T1-2495-9
2020/02/09 12:43