ロバート・ジェイガー 『第3組曲』より 第3楽章

KT

作品紹介・説明

第3組曲/ロバート・ジェイガー
I.マーチ  March 2:29     
II.ワルツ  Waltz 3:02
III.ロンド  Rondo 2:39

作曲者:ロバート・ジェイガー(Robert Jager) 
演奏時間:8分10秒(約)
グレード:3.5
編成:吹奏楽


ロバート・ジェイガー(1939-)は
アメリカ海軍音楽学校の編曲者になったことをきっかけに
吹奏楽作品の作曲を始めました。
全米吹奏楽指導者協会(ABA)が
優れた吹奏楽作品に送る
オストウォルド賞を3回受賞していますし、
アメリカの空軍バンドや海軍バンドから作品を
委嘱されるなど高い評価を得ています。

日本でも1977年の
全日本吹奏楽コンクールの課題曲として
《ジュビラーテ》を委嘱されたり、
《シンフォニア・ノビリッシマ》(BCL1)や
《吹奏楽のための交響曲》などが
コンクールで多く取り上げられていました。
これらの作品に見られるロマンティックで
抒情的な旋律が人気を得たのでしょう。

この《第3組曲》は1965年に書かれた作品で、
上に挙げた代表作に見られるような
ロマンティックな雰囲気ではなく、
ユニークな技巧とアイデアが盛り込まれています。

第3曲「ロンド」
ロンドは、ある同じ旋律が異なる旋律を挟みながら
繰り返される楽曲の形式です。
この曲はABACABAという形になっています。
まずはコルネットで主題「A」が演奏され、
それに音階的な主題「B」とピッコロが演奏する
ユーモラスな主題「C」が絡みながら曲が進行しますが、
最後の「B」の部分では「C」の旋律が重なって演奏されます。

ちなみに
ジェイガー自身は、この第3組曲(1965年)を
”tuneful”と評している。
そうである・・・

以上、楽譜の解説やらからでございました!


さて、年が明け、我がPCも
『7のサポートが終わります!』と
しつこいぐらいにアナウンスがあり~の。
PCを10にアップグレードせな、あかんか!!
と思っていて、色々と調べて見たところ?
????????
【アップグレード対象外機種であることが判明】
『どうすんのよ!!』(・_・;)
寝ながら考えた挙げ句に、
これは、買い替えたほうが宜しい!といふ結論に達し、
メイン機と、作業用機の2台(勿論中古)を調達し、
70%ぐらい移し替えて
(一番ややこしいものを引っ越しせず)(・。・;
ようやく、アップ出来るまでに復活致しました!?

でも、ほんま使いにくいわ、Win10
日々、格闘しております・・・

で、もって、
1、2楽章は旧PCで制作。
3楽章は新PCで制作致しました!?

メイン機は、旧機よりパワーアップしたので、
もたつく事も少ないかと思われますが、
サウンドカードやらを一新せざるを得なかったので
感覚が違いますのでどうなっておりますやら・・・(-_-;)

これも、尻が重たい性格が災いしております (T_T)

世の中も物騒になっておりますが、
今年もストレスがある限り、
『DTMが増え続ける事と思います』
暫くお付き合い下さいまし。m(_ _)m

プロダクト説明

「NOTE PERFORMER」

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

4件のコメントが寄せられています。

02:41 / 243.161kbps

共有する

  • 再生回数: 18
  • お気に入り: 7
  • クラシック
  • カバー作品
  • "THIRD SUITE"
    東京佼成ウィンドオーケストラ
    (jasrac) 0T1-2495-9
2020/02/09 13:10