嘘つき ゆめまぼろし➕ひょい。さん

6件のコメントが寄せられています。

歌詞

「嘘つき」
君さえいれば、なにも要らない
そう想ったこともあった
君さえいれば、なにがあろうと
くじけることはなかった
でも...
ひかりが僕の手を 通さなくなったから
毎日の落し物、少しづつ多くなった
すりガラスのように世界が変わってきた

僕のズルさは愛を乞うこと
ねじれたロープはもう
細い糸くず、どうにもならない
nu~ ~~ I am a liar 


今、愚かさを悔いたとしても
もう、戻りはしないさ
偽りのない君の瞳は
あまりにも美しい
でも
今更、出来るのか 戻せるというのか
その手から離れたら僕はきっと死ぬだろう
音を立てて割れるガラスの欠片のように

僕のジェラシー 愛を乞うこと
ゆがんだ空間には
真っすぐに歩くことは出来ないよ
nu~ ~~ I am a liar 


今更、出来るのか 戻せるというのか
その手から離れたら僕はきっと死ぬだろう
音を立てて割れるガラスの欠片のように

僕のジェラシー 愛を乞うこと
ゆがんだ空間には
真っすぐに歩くことは出来ないよ
nu~ ~~ I am a liar 

6件のコメントが寄せられています。

04:41 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 27
  • お気に入り: 17
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2020/02/14 20:02