J・A コーデル 『吹奏楽のための民話』

KT

作品紹介・説明

『吹奏楽のための民話』
原題:Folklore for Band
作曲者:ジム・アンディ・コーディル
(Jim Andy Caudill)
演奏時間:5分30秒(約)
グレード:3
編成:吹奏楽
出版社:ハル・レナード(Hal Leonard)


 アメリカの作曲家ジム・アンディ・コーディルの作品。
彼は少年時代からコルネットを、高校から作曲を学び、
公立高校の教師を経て、ケンタッキー州の
パイクビル大学の助教授もつとめました。

 そのJ.A.コーディルが、1959年にスクールバンドのために
書いた技術的に易しい作品。
(作曲は1959年、出版が1964年らしい)

 ただし、演奏技術の高さを求めない内容ながらも
演奏効果が高いことで知られ、
出版当時から圧倒的な人気を誇っている。
特に、一度聞いたら忘れられない素朴で
生き生きとした旋律は、
この作品が長年愛されることになった
大きな要因の一つであろう。

 2008年にHaL Leonard社から
再販されてからその人気が再燃し、
吹奏楽作品の定番となっていることが
改めて認識された。
以上ネットでの解説色々・・・


自分の吹奏楽のとっかかりは
このあたりの曲でした。

 メロデックで、ハーモニーも綺麗、
緩急があり~の、少人数でも演奏出来る!
当時、吹奏楽部の楽譜棚には
大抵この曲の楽譜があったと思います。
 曲想は当時を思い出して、
編成はは大編成で演奏してみました。

プロダクト説明

『NOTE PERFORMER』
『Sibelius Sounds』
『GARRITAN CONCERT & MARCHING BAND 2』

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Sibelius Sibelius, Cakewalk SONAR X1
コンピュータ
Windows PC Windows PC

10件のコメントが寄せられています。

05:45 / 238.536kbps

共有する

  • 再生回数: 13
  • お気に入り: 7
  • クラシック
  • カバー作品
  • "FOLKLORE FOR BAND"
    東京佼成ウィンドオーケストラ
    (jasrac) 0F0-2656-7
2020/02/16 12:39