マキシモ・ディエゴ・プホール:プラタ組曲第1番 第1曲 "Preludio"

納戸の化石

作品紹介・説明

マキシモ・ディエゴ・プホールは現代のアルゼンチンのギタリスト及び作曲家です。

アルゼンチンの作曲家の曲はアルゼンチンタンゴのように南米的な情熱と同時にどこか哀愁を帯びた旋律が感じられます。

「プラタ組曲第1番」は小品5曲からなる組曲ですが、最初の "Preludio" (前奏曲)を打ち込んでみました。わずか1分程度の短い曲でテクニック的にも難しい部分はなさそうですが、上記のようにアルゼンチン音楽の特徴がよく表れているようです。

クラシックギターの音源はなかなか適当なものがなくギター曲はあまり打ち込んでいなかったのですが、今回は Miroslov Philharmonik 2 に組み込まれている Classic Guitar 2 にしてみました。G4の音がチープでちょっと気になるのですが、全体のバランスは手持ちの中で一番よさそうだったのでこれにしました。

注:JASRAC作品コードは組曲第2番のものです。第1番は検索できませんでした。

プロダクト説明

Cakewalk by BandLab
Miroslav Philharmonik2
CPU:Core i5-7500
OS:Windows10 Home 64bit

01:23 / 146.213kbps

共有する

  • 再生回数: 12
  • お気に入り: 2
  • クラシック
  • カバー作品
  • "Suite del Plata No.1"
    Victor Villadangos
    (jasrac) 0N4-0912-8
2020/04/16 17:17