「旅人の歌」1807 作詞 七味

milk2

作品紹介・説明

旅人というと、ロマンを感じるというか、憧れに似た感情を持ってしまうのは、やはり昭和世代ですかね。
ムーミンのスナフキンみたいに、ひょうひょうと生きていきたかった時もあったんですが、今はもう、
でっぷりと落ち着いて、今回のコロナ禍で散歩の回数と時間が減ったせいか、部屋に根が生えたような
感じです。この詞のような生き方もまた、自分の中にある気がします。
コロナの感染者数が止まりません倍々ゲームのオーバーシュートまであと少しのようで、大変なことになりそうです。
なんとか、持ちこたえていけるといいですね。 とりあえず、自粛。自粛。
七味さん ありがとうございました。ではどうぞ。


使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

七味

作品紹介・説明

milkさんに旅人の歌に曲を付けてもらい
歌ってもらいました。
好みの作風に仕上がってると思いました
よろしくお願いします。

使用したプロダクト

コンピュータ
Windows PC Windows PC

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

「旅人の歌」1807 作詞 七味さん

戸惑った日々が   それぞれ異なり
さまざまに変わるけれど   光の道を僕らは皆信じて歩く

移りゆく人生の中で   変わらない心を求めて
旅立つ時には聞こえなかった   旅人の歌が聞こえる

天にも響くこの歌声で   また自由という羽根を広げて
辿り着け道の先へ   旅人の歌を歌いながら

彷徨った時が   いろいろ重なり
それぞれに迷うけれど   心の傷の深さは皆等しく深い

手探りの人生の中で   変わりゆく何かを感じて
旅立つ時には聞こえなかった   旅人の歌が聞こえる

今にも届くこの歌声を   そう希望という種を探して
辿り着く道の果てへ   旅人の歌を歌いながら

天にも響くこの歌声で   また自由という羽根を広げて
辿り着け道の先へ   旅人の歌を歌いながら
旅人の歌を歌いながら・・・

3件のコメントが寄せられています。

04:37 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 19
  • お気に入り: 4
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2020/04/19 05:32