Starless(前半だけ)/King Crimson

halion999

作品紹介・説明

ずいぶん前になりますが、2015年12月9日、渋谷オーチャードホールでKing Crimsonを見ました。ドラムが3セット全面になった変則な配置。

Epitaph、The Court Of The Crimson King、21st Century Schizoid Man、Starless、Red、Peace - An End、Easy Money、Larks' Tongues In Aspic (Part II)など、宮殿~レッドまでの私の大好きな曲をたくさんやってくれました。

2018年12月17日にもオーチャードホールに行きました。このときは、前回に入ってなかったOne More Red Nightmare、Moonchild、Cadence And Cascade、Fallen Angelを聴くことができました。

あらためて聴いてみると、一番好きな曲は「Starless」かもしれないと思うようになりました。そこで、製作を開始。

今回初めてRolandのAerophone AE-10を使ってみました。ソフトはSWAM SaxophonesのSopranoで、Aerophoneは入力コントローラーとして使っています。例によって1フレーズごとだったり、70%くらいまで遅くしたりしてMIDI録音しましたが、同じように吹けると幸せ感にひたりました。

前半の歌部分が終わると、8分の13拍子だかの変拍子になり、後半さらに複雑になる。イアン・マクドナルドのAltoSaxも再現不可能ということで、前半のみとしました。変拍子の陶酔感と最後に前半のテーマに戻るときの感動も捨てがたいのですが・・・。

一応完成したのが1年前、歌詞を1カ所間違えたので、歌い直したら納得できず、何回も歌い直している内にますますダメになり、しばらくほうっておいたら録音の仕方も忘れてしまいました。結局歌も納得できませんけど、もう歌い直す気力もないので公開します。

今、家庭の事情で気力がわかず、フレンドさんにもコメントすることもできず申し訳ありません。

プロダクト説明

Cubase10
XLN AUDIO Addictive Drums
Fender Japan Jazz Bass
Fujigen セミアコ MSA-HP
Sanpletank3(SampleTron)
Swam cello
Swam Soprano Sax

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase
MIDIコントローラー
EDIROL PCR
モニター
YAMAHA MSP
コンピュータ
Windows PC Windows PC
ドラム音源ソフト
XLN AUDIO Addictive Drums

13件のコメントが寄せられています。

04:49 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 48
  • お気に入り: 8
  • プログレッシブ
  • カバー作品
  • "STARLESS"
    KING CRIMSON
    (jasrac) 0S1-7635-1
2020/05/29 20:55