さよならルンバ

テリー横田

作品紹介・説明

Masugaさんとのコラボ。「戦後焼け跡歌謡曲」シリーズ第2弾です。昭和23年、粋な粋なラテン歌謡です。メロディだけ楽器で演奏してみるとなんか外国曲のようです。二葉あき子さんはもともとはソプラノだったんですが、喉を痛めてからアルトに転向、当時珍しかったそうです。
原曲の溢れる長いイントロも素晴らしかったんですが、ちょっと簡略化させて頂きました。さらにピアノパートをよりラテンらしく着飾ってみました。

原曲;
https://youtu.be/AhrvPuKMvms
歌詞;
https://utaten.com/lyric/hg15102210/

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Apple Logic
コンピュータ
Apple Mac

Masuga

作品紹介・説明

二葉あきこさんの「さよならルンバ」に挑戦しました。

この曲は知りませんでした。
初めて聞いたとき
「あ、ヒップアップが最後に歌っていたあの曲はこれだったのか」
と^^;

聴いてみると、リズムがかっこよく、でも歌は悲しく。
テリーさんのオケはさらにリズムが心地よいため、首から上が悲しく、下はノリノリになってしまって、最初は歌うのが大変でした(笑)

詞では「あなたの言葉のまま」というところが一番切なくて好きです。
ちょっと恨みの気持ちも入れて歌ってみました。

「いくら泣いて泣いて泣いてみたとて」
は、どこかで聞いたことがあるなと思ったら、私も同じようなフレーズ
「だけど泣いて泣いてよりはましね」
というのを使っていました。
これです↓(ちゃっかり宣伝)
セイゾン計画
http://musictrack.jp/musics/75595

使用したプロダクト

オーディオインターフェース
EDIROL UA
コンピュータ
Windows PC Windows PC
マイク
AUDIX OM

21件のコメントが寄せられています。

03:07 / 192.027kbps

共有する

  • 再生回数: 29
  • お気に入り: 10
  • ラテン
  • カバー作品
  • コラボレーション
  • "さよならルンバ"
    二葉あき子
    (jasrac) 036-0229-0
    ボーカル:Masuga
    ミキシング:テリー横田
2020/05/30 17:41