覇王の城 / 翔 太郎さん 作詞 ^^

Yoichan

作品紹介・説明

唄の戦国絵巻・最後の第3弾は,もち,徳川 家康です。^^

歴史の時系列では,三武将の中では,最後は,徳川 家康ですが
私が,翔 太郎さんから詞を預かった中では,この詞を最初に預かりました。
この詞には,信長も秀吉も登場しますので
最初の段階で,翔 太郎さんには
三武将を関係づけたこの戦国絵巻の構想ができていたんですね。^^

翔 太郎さん,ほんとすごい作詞家さんでした。。。^^

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
YAMAHA XGworks ST

翔 太郎

まだ作品情報が入力されていません

6件のコメントが寄せられています。

歌詞

「覇王の城」

ざっと済ませた 天下のことは
家康九能の 神となる
小牧長久手 関ヶ原
三河のタヌキは したたかに
もぎりとったり 大阪城
覇王の城を 江戸に置く

いずれ我がもの 天下を握る
幼き我慢は そのためよ
固く手堅く 戦国を
三河の武士団 鉄備え
うつつ女に 抜かすより
体愛えよ 皆の者

豪腕信長 知恵もの太閤
肝の力で 負けはせぬ
人は見た目に 非ずして
三河の海こそ わがこころ  
重き荷を背負い 来(きた)る道 
覇王の城に 鷹は舞う

6件のコメントが寄せられています。

03:56 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 14
  • お気に入り: 6
  • その他
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2020/05/30 20:36