交響詩 鎌倉「擾乱」

アレグ

作品紹介・説明

時は鎌倉時代、北条幕府 
足利高氏・直義・高 師直 の美しくも悲しい「観応の擾乱」
からの発想

音楽が終わると、テロップが出て、「京」と、書かれている。
喧噪な音と町が映され、ドラマが始まります。ってのは、「嘘」すいません。^^
映像は、ありません。www

プロダクト説明

Steinberg Cubase pro 9.5.50 UR22mk2 HALion sonic se 3

12件のコメントが寄せられています。

03:47 / 190.281kbps

共有する

  • 再生回数: 20
  • お気に入り: 9
  • クラシック
  • オリジナル作品
  • 作曲:tsukuru minowa
  • 編曲:tsukuru minowa
  • ミキシング:tsukuru minowa
2020/08/02 11:26