夏のTanqueray

へっぽこ O

作品紹介・説明

夏になるとタンカレーというお酒(ドライジン)が吞みたくなるという呑兵衛の歌です。先日TVで「日本人の55%は下戸」というデータを見てビックリしました。呑めない人に強要しないように気をつけたいと思います。(今はコロナで呑み会自体がなくなりましたが)

夏っぽい曲をイメージしてクリス・モンテス風に作りました。エレキギターはテレキャスで、イントロがフロントPU、間奏がSonicのTurboSwitchを使ってフロントとリアをパラレルでつないでハムバッカーっぽくしたもの、エンディングがリアPUです。アンプシュミレーターはフェンダーのツイードです。

よろしければお聴きください。

プロダクト説明

Roland QUAD-CAPTURE
RODE M3
fender N3 noise less pickup
Sonic TurboSwitch
Martin 000-28ECmodel

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
Steinberg Cubase, PG Music Band-in-a-Box
プラグインエフェクター
IK MULTIMEDIA T-RackS, WAVES WAVES Plug-in Bundle
エレクトリック・ギター
Fender テレキャスター
アコースティック・ギター
Martin Martin

22件のコメントが寄せられています。

歌詞

君に逢うたび 欲しくなる
ため息のたび 膨らむ想い
心は おかしくなって いくばかり
抱きしめたら もう 離さない

想像できるかい?
どれくらい 愛しているか
かけがえのないものは 君だけ
僕の腕は もう 離さない

さよなら するたび
心は 揺らめく
夏の日の午後を 吹き抜ける風
冷えたグラスの Tanqueray

22件のコメントが寄せられています。

03:14 / 160kbps

共有する

  • 再生回数: 45
  • お気に入り: 24
  • ポップス
  • オリジナル作品
2020/08/09 10:59