「夢の中で」1867 作詞 みらく

milk2

作品紹介・説明

みらくさんとのコラボ3曲目になります。夢の中ではいろんなことが可能。なのですが起きてみると断片でしか思い出せないもの。
楽しいことも、悲しいことも、つらいことも突然変わってしまい記憶の混乱が起こるのかもしれません。
でも、どうせなら起きてはっぴぃな夢がいいですね。世の中なかなかうまくいきませんから。
この4連休、久しぶりに人が行楽地に押し寄せたようです。願わくば、コロナの感染者が増加せずに、それが日常になるといいなぁ。
みらくさん ありがとうございました。ではどうぞ。

使用したプロダクト

音楽制作アプリケーション
INTERNET Singer Song Writer
マイク
SHURE BETA
コンピュータ
Windows PC Windows PC

みらく

作品紹介・説明

朝めざめた時、見ていたはずの夢がどんな夢だったのか思い出せないけど、夢の中で味わった気分だけは残っている、ということはありませんか?
そういう気分をMILKさんが曲にして歌ってくださいました。浮遊感がとても素敵です。
初めてデモを聴かせていただいた時、私くわしくはないんですが「はっぴいえんど」みたいな感じだと思いました。
MILKさんは「はっぴいえんど」が大好きでいらっしゃるそうです*^-^*

MILKさん、どうもありがとうございました。

3件のコメントが寄せられています。

歌詞

「夢の中で」1867 作詞 みらくさん

夢の中で  あなたに会えた
そんな気がするの
どんな夢か  おぼえてないけど
そんな気がするの

  だってめざめたら
  わたし泣いてた
  あなたは
  わたしを泣かせた  たったひとりの人だから
  
夢の中で  あなたに会えた
そんな気がするの
ずっと名前  呼び続けていた
そんな気がするの

  だってめざめたら
  声が枯れてた
  あなたは
  わたしが愛した  たったひとりの人だから
  
  だってめざめたら
  わたし泣いてた
  あなたは
  わたしを愛した   たったひとりの人だから

3件のコメントが寄せられています。

04:32 / 192kbps

共有する

  • 再生回数: 15
  • お気に入り: 4
  • ポップス
  • オリジナル作品
  • コラボレーション
2020/09/21 04:40